徹底レビュー:「Windows 10」にアップグレードできてしまうMSスマホ「Lumia 640/640 XL」の可能性日本発売は?

Windows 10にアップグレードできるMicrosoftのスマートフォンが登場。ミッドレンジのスマートフォンで低価格が特徴だが、意外に高いスペックも注目される。使用感を含めて紹介する。

2015年03月22日 09時00分 公開
[Dragan PetricTechTargetジャパン]
,Microsoft Lumia 640 XL

 2015年3月初めに開催されたモバイル通信関連の国際見本市「Mobile World Congress 2015」(MWC 2015)までの数週間というもの、Microsoft派のユーザーや関係者の間では「Windows 10」が話題をさらっていた。だが、この展示会では米Microsoftの新しい「Windows Phone 8.1」デバイス2機種が、こうした人々の注目を集めた。

 5インチの「Microsoft Lumia 640」と5.7インチの「Microsoft Lumia 640 XL」は、720pディスプレーを搭載し、Lumiaシリーズのおなじみのスタイルを踏襲したミッドレンジスマートフォンだ。いずれもWindows 10のリリース後に同OSにアップグレードされる。MWC 2015で、われわれはこれらのデバイスを手に取って試すことができた。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、代表的なオフィススイートであるMicrosoftの「Microsoft Office」関連の記事を集約したテーマサイト「iPhone、iPad、Android版登場で何が変わる? あなたがきっと知らない『Microsoft Office』の世界」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleのタブレット「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」(色はゴールド)を抽選でプレゼントします。


ツァイスレンズを搭載

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...