2015年01月27日 08時00分 公開
特集/連載

次は「Windows 10」? それでもMicrosoft製品を買ってしまう本当の理由筆者が考える真の疑問は……

Microsoftの製品は、なぜ多くの企業に受け入れられるのだろうか。同社のソフトウェアは高価だし、近年の事業戦略は他社の後追いばかりである。同社の競争優位性について考察する。

[Celso Mello,TechTarget]

 今から35年前、まだメインフレームが主役であった時代、エンタープライズソフトウェアは米IBMを中心に選択するのが一般的だった。同社の市場支配力は当時、ジョージ・オーウェルが書いた小説の世界になぞらえられることもあったが、新たなソフトウェアのトレンドとニーズを前にして、徐々に市場の多様性に取って代わられた。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...