2015年01月27日 08時00分 公開
特集/連載

次は「Windows 10」? それでもMicrosoft製品を買ってしまう本当の理由筆者が考える真の疑問は……

Microsoftの製品は、なぜ多くの企業に受け入れられるのだろうか。同社のソフトウェアは高価だし、近年の事業戦略は他社の後追いばかりである。同社の競争優位性について考察する。

[Celso Mello,TechTarget]

 今から35年前、まだメインフレームが主役であった時代、エンタープライズソフトウェアは米IBMを中心に選択するのが一般的だった。同社の市場支配力は当時、ジョージ・オーウェルが書いた小説の世界になぞらえられることもあったが、新たなソフトウェアのトレンドとニーズを前にして、徐々に市場の多様性に取って代わられた。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...