2014年12月10日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows」頼みはもう卒業、Microsoftの“次の一手”は?モバイルとクラウド、「Office」を育てる

Microsoftは、もはやユーザーをデスクトップOSではつなぎ留められないと悟り、「Windows」から「Office 365」やDaaSへ重点を移しつつある。

[Colin Steele,TechTarget]

 OSといえば「Windows」という時代は終わった。そのことは誰もが認識しており、ついに米Microsoftも認めたようだ。

 ITの世界は一般利用者向けも企業向けも多様化の時代を迎え、個人ユーザーも複数のOSを使いこなすようになってきた。日中は職場でWindows PCを使い、車の運転中は「Android」端末で音楽を聴き、夜は自宅の寝室で「iPad」を使って「Netflix」から映画やテレビ番組を見るという人も珍しくない。

 生産性向上の主役はOSからアプリに移ってきている。新しい最高経営責任者(CEO)、サトヤ・ナデラ氏率いる最近のMicrosoftの動きを見ると、同社もようやくその事実を認め、Windows戦略を転換しつつあるようだ。

CEOのメモから「デスクトップ」という単語が消えた

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...