2014年01月23日 08時00分 公開
特集/連載

「仕事でもiPhone」、企業がモバイル関連投資を増やす本音は?調査結果が示す米国ITプロジェクトの優先度

「優先的に取り組むプロジェクトはモバイル、特にiPhoneだ」。2014年のITプロジェクトについての調査結果からはこのような動向が読み取れる。一方、下火になったのは?

[Nicole Laskowski,TechTarget]

 米TechTargetが実施したIT給与調査「2013 IT Salary and Careers Survey」では、CIOやIT責任者が2014年に優先的に取り組むプロジェクトの1つに「モバイル技術」が挙がった。デスクトップからモバイルコンピューティングへと職場が急速にシフトしていることを示す兆候の1つといえる。

 調査には463人のCIOとIT責任者が参加したが、「2014年に優先的に取り組む上位3つのプロジェクト分野」として、20%が「モバイル技術」を挙げ、「セキュリティ」は21%、「事業継続(BC)と災害復旧(DR)」は19%となった。一方では、勢いが下火になりつつある分野もあり、2014年に取り組むプロジェクトの主な分野として「アウトソーシング」と「プライバシー」を挙げた回答者は、わずか2%にとどまった。

スポットライトはiPhoneに

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。