2014年11月13日 15時00分 公開
特集/連載

iPhone、iPad、Android向け「Microsoft Office」が無料化、企業ユーザーの注意点とはWindows 10向けOfficeの詳細は「間もなく」明らかに?

iPad、iPhone、Android向け「Microsoft Office」アプリで、Office 365のサブスクリプションなしでも文書の作成・編集が行えるようになった。しかしながら、企業ユーザーはもろ手を挙げて喜ぶことはできないようだ。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 米Microsoftは、iPad、iPhone、Android向け「Microsoft Office」アプリにおいて、無料で文書の作成・編集を行えるようにした。だが、企業ユーザーには注意すべき点が幾つか存在する。

 Microsoftは、Office製品の戦略転換を続けている。その1つがクロスプラットフォーム製品の導入だ。同社は今回の発表に併せて、「Office Mobile for iPhone」の後継アプリとなる「Word for iPhone」「Excel for iPhone」「PowerPoint for iPhone」をはじめ、Androidタブレット用のOfficeアプリのプレビュー版「Office for Android」(2015年に提供予定)を発表した。「Office for iPad」のアップデートもリリースされた。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...