ざっくり知りたい「Office 2013」「Office 365」、ユーザー別の本命製品はこれ「Microsoft Office」の選択を迷う人に贈る

「Microsoft Office 2013」と「Office 365」はどちらがいいのだろうか? Office 2013には多くの利点があるが、クラウドベースのOffice 365には別の長所がある。

2014年10月22日 08時00分 公開
[Rob Reilly,TechTarget]

関連キーワード

Office 2013 | Office 365 | Microsoft Office


 文書の作成やスライドによる発表、スプレッドシートでの計算は、誰もが必要とする作業だ。企業が選ぶオフィスソフトウェア製品となると選択肢は複数ある。最も有名なのは「Microsoft Office 2013」だが、「Office 365」やフリーソフトの「LibreOffice」という選択肢もある。

 この3つはどれも代表的な最新オフィスソフトウェア製品であり、それぞれオプションや機能が異なる。また、それぞれに長所と短所がある。本稿では、Microsoft Office 2013とそのクラウド版であるOffice 365を比較し、両者がどんな用途に合うかを検討する。

エンタープライズの主流、Office 2013

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。