2014年08月18日 08時00分 公開
特集/連載

「Office 2013」と別れられない“わが社の事情”なぜ「Office 365」に移行しないのか

米Microsoftは同社のOfficeスイートに数々の改良を加えてきたが、「Office 365」と「Office 2013」を比較した結果、意外な選択をした企業もある。

[Diana Hwang,TechTarget]

 モバイルファースト、クラウドファースト環境への移行が叫ばれる中(そこには当然米Microsoftの 「Office 365」も含まれるが)、依然として同「Office 2013」を使い続ける企業も多い。

 全ての企業が新しい環境へ移行する用意ができているわけではない。セキュリティ、ライセンス、機能性に関する不安から、クラウドベースのOffice 365へ移行するよりも、Office 2013の方がいいと考える管理者もいる。

実は機能に大差はない?

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...