「Office 2013」と別れられない“わが社の事情”なぜ「Office 365」に移行しないのか

米Microsoftは同社のOfficeスイートに数々の改良を加えてきたが、「Office 365」と「Office 2013」を比較した結果、意外な選択をした企業もある。

2014年08月18日 08時00分 公開
[Diana Hwang,TechTarget]

 モバイルファースト、クラウドファースト環境への移行が叫ばれる中(そこには当然米Microsoftの 「Office 365」も含まれるが)、依然として同「Office 2013」を使い続ける企業も多い。

 全ての企業が新しい環境へ移行する用意ができているわけではない。セキュリティ、ライセンス、機能性に関する不安から、クラウドベースのOffice 365へ移行するよりも、Office 2013の方がいいと考える管理者もいる。

実は機能に大差はない?

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...