2014年08月26日 12時00分 公開
特集/連載

「Office for iPad」の裏に隠れたMicrosoft新戦略のインパクト大規模モバイル管理はウェアラブルや医療にも

iPad向けOfficeアプリ「Office for iPad」(国内では未提供)と同時に発表されたことで影が薄れた感があるが、Office for iPadよりも大きな影響をヘルスケア業界にもたらすかもしれない新製品が米Microsoftから登場している。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 Microsoftは2014年3月に「iPad」で利用できる「Microsoft Office」アプリである「Office for iPad」(国内では未提供)を発表した。同社がその際、同時に発表した製品があるのをご存じだろうか。それは、大規模企業によるモバイルデバイス管理に役立つ新製品「Enterprise Mobility Suite」(EMS)である。クラウドベースのID管理、モバイルデバイス管理(MDM)、クラウド上のデータ保護機能などで企業のIT部門を支援するスイート製品だ。

医療IT分野の課題を解決

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。