2014年08月26日 12時00分 公開
特集/連載

「Office for iPad」の裏に隠れたMicrosoft新戦略のインパクト大規模モバイル管理はウェアラブルや医療にも

iPad向けOfficeアプリ「Office for iPad」(国内では未提供)と同時に発表されたことで影が薄れた感があるが、Office for iPadよりも大きな影響をヘルスケア業界にもたらすかもしれない新製品が米Microsoftから登場している。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 Microsoftは2014年3月に「iPad」で利用できる「Microsoft Office」アプリである「Office for iPad」(国内では未提供)を発表した。同社がその際、同時に発表した製品があるのをご存じだろうか。それは、大規模企業によるモバイルデバイス管理に役立つ新製品「Enterprise Mobility Suite」(EMS)である。クラウドベースのID管理、モバイルデバイス管理(MDM)、クラウド上のデータ保護機能などで企業のIT部門を支援するスイート製品だ。

医療IT分野の課題を解決

ITmedia マーケティング新着記事

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...