2014年08月26日 12時00分 公開
特集/連載

「Office for iPad」の裏に隠れたMicrosoft新戦略のインパクト大規模モバイル管理はウェアラブルや医療にも

iPad向けOfficeアプリ「Office for iPad」(国内では未提供)と同時に発表されたことで影が薄れた感があるが、Office for iPadよりも大きな影響をヘルスケア業界にもたらすかもしれない新製品が米Microsoftから登場している。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 Microsoftは2014年3月に「iPad」で利用できる「Microsoft Office」アプリである「Office for iPad」(国内では未提供)を発表した。同社がその際、同時に発表した製品があるのをご存じだろうか。それは、大規模企業によるモバイルデバイス管理に役立つ新製品「Enterprise Mobility Suite」(EMS)である。クラウドベースのID管理、モバイルデバイス管理(MDM)、クラウド上のデータ保護機能などで企業のIT部門を支援するスイート製品だ。

医療IT分野の課題を解決

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...