「Office for iPad」の裏に隠れたMicrosoft新戦略のインパクト大規模モバイル管理はウェアラブルや医療にも

iPad向けOfficeアプリ「Office for iPad」(国内では未提供)と同時に発表されたことで影が薄れた感があるが、Office for iPadよりも大きな影響をヘルスケア業界にもたらすかもしれない新製品が米Microsoftから登場している。

2014年08月26日 12時00分 公開
[Reda Chouffani,TechTarget]

 Microsoftは2014年3月に「iPad」で利用できる「Microsoft Office」アプリである「Office for iPad」(国内では未提供)を発表した。同社がその際、同時に発表した製品があるのをご存じだろうか。それは、大規模企業によるモバイルデバイス管理に役立つ新製品「Enterprise Mobility Suite」(EMS)である。クラウドベースのID管理、モバイルデバイス管理(MDM)、クラウド上のデータ保護機能などで企業のIT部門を支援するスイート製品だ。

医療IT分野の課題を解決

ITmedia マーケティング新着記事

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。