2014年08月07日 12時00分 公開
特集/連載

iPhone/Android端末のクラウド管理サービス「MaaS」のお得度従量制モデルのモバイル管理がトレンドに

スマートフォンやタブレットの管理を効率化するクラウドサービス「MaaS」が充実しつつある。自社運用型のモバイルデバイス管理(MDM)製品では得られない、MaaSの魅力とは何なのか。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 NTTグループで南アフリカに本拠を置くDimension Dataは、モバイル端末とアプリケーション、経費の管理、セキュリティ対策をシンプル化したい企業向けに、Mobility as a Service(MaaS)を発表した。

 私物端末の業務利用(BYOD)のトレンドによってLANには新しい端末やアプリケーションがあふれ返り、この状況に追い付こうと苦慮しているIT部門もある。クラウドベースのモバイル管理サービスであるMaaSは、企業がコンプライアンスを順守し、モバイル端末とデータのセキュリティポリシーを徹底させながら、モバイル環境の迅速なスケーリングに関わるコストや負担を軽減する一助となる。

「企業の標的型攻撃対策」に関するアンケート調査実施中!

アンケート回答者の中から抽選で3名さまに「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼントします。また、アンケート回答者全員に調査結果リポートをいち早くご提供します。

今後の情報提供やサービス改善のため、ぜひアンケートにご協力ください。

 ▼アンケートページ
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1407/22/news05.html


モバイル管理をシンプルにする「MaaS」

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...