2013年09月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

制御実績や仕組みで比較【徹底比較】iOSやAndroidで使えるモバイルデバイス管理(MDM)製品38種の大規模運用性

国内で入手可能なMDM製品/サービスは、どの程度の数のスマートフォンやタブレットを管理できるのか。制御実績や制御の仕組みを踏まえて比較する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 スマートデバイスの本格導入を進めていけば、管理すべき端末数は増えていく。モバイルデバイス管理(MDM)製品/サービスを導入する企業は、導入するMDM製品/サービスがどの程度の端末数を管理可能なのかを検討する必要がある。その際、単純にベンダーが示す数字だけを見るのではなく、実際にどの程度の規模の運用実績があるのか、どういった仕組みで大規模運用を可能にしているのかを調べておくことが重要になる。

 TechTargetジャパンでは、2013年6月から7月にかけてMDMベンダーに調査を実施。本稿では、各MDM製品/サービスが管理可能な端末数や大規模運用実績などについて調査し、その結果を比較表にまとめた。なお、各MDM製品/サービスの価格と料金、セキュリティ機能、管理機能については、以下の関連記事で解説している。

MDM製品の大規模運用性比較表

 主要なiOS/Android端末向けMDM製品/サービスの大規模運用性の比較表を以下に示す(表1)。なお今回は、企業で利用されている主要なスマートデバイスであるiOS端末やAndroid端末で利用できるMDM製品/サービスを取り上げた。ベンダーの意向などにより、期限内に回答が得られなかった一部のMDM製品/サービスは掲載していない。OEM(相手先ブランドによる生産)供給など、市販のMDM製品/サービスの機能をほぼ変更なしで提供しているMDM製品/サービスは省いた。

表 表1:主要なiOS/Android向けMDM製品38種の大規模運用性比較表

MDM製品の大規模運用性比較表のダウンロード


管理可能な端末数:10万台以上の管理も可能に

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...