2014年06月06日 08時00分 公開
特集/連載

iOS、Androidの「Microsoft Office」をも管理、Microsoftが狙うモバイル管理の覇者「Windows Intune」のモバイル向け新機能

2014年5月に「TechEd North America 2014」で発表された「Windows Intune」の新機能では、iOSやAndroid端末上のOfficeアプリケーションの管理ができるようになるという。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftは2014年5月12日(米国時間)から開催された同社の開発者向けイベント「TechEd North America 2014」において、「Windows Intune」でOffice 365アプリケーションおよび非Windowsデバイスの企業データを管理する新機能について明らかにした。

 同社は2014年初め、クラウドベースのIntuneのアップデート時に新機能の一部を示唆していたが、今回のTechEdの中でプレビューを披露した。2014年後半にも、アプリケーションラッピングと、より安全性の高い企業データ管理機能が「Enterprise Mobility Suite(EMS)」の一部として利用できるようになる。

 Microsoftは、IntuneをWindowsデバイスだけでなく、米AppleのiOSや米GoogleのAndroidを搭載したモバイル端末の管理とセキュリティの中核として位置付けている。「Office for iPad」のリリースと同様、AndroidデバイスにOfficeアプリを提供し、Intuneでそれらの管理を可能にする。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...