2014年06月06日 08時00分 公開
特集/連載

iOS、Androidの「Microsoft Office」をも管理、Microsoftが狙うモバイル管理の覇者「Windows Intune」のモバイル向け新機能

2014年5月に「TechEd North America 2014」で発表された「Windows Intune」の新機能では、iOSやAndroid端末上のOfficeアプリケーションの管理ができるようになるという。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftは2014年5月12日(米国時間)から開催された同社の開発者向けイベント「TechEd North America 2014」において、「Windows Intune」でOffice 365アプリケーションおよび非Windowsデバイスの企業データを管理する新機能について明らかにした。

 同社は2014年初め、クラウドベースのIntuneのアップデート時に新機能の一部を示唆していたが、今回のTechEdの中でプレビューを披露した。2014年後半にも、アプリケーションラッピングと、より安全性の高い企業データ管理機能が「Enterprise Mobility Suite(EMS)」の一部として利用できるようになる。

 Microsoftは、IntuneをWindowsデバイスだけでなく、米AppleのiOSや米GoogleのAndroidを搭載したモバイル端末の管理とセキュリティの中核として位置付けている。「Office for iPad」のリリースと同様、AndroidデバイスにOfficeアプリを提供し、Intuneでそれらの管理を可能にする。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...