iOS、Androidの「Microsoft Office」をも管理、Microsoftが狙うモバイル管理の覇者「Windows Intune」のモバイル向け新機能

2014年5月に「TechEd North America 2014」で発表された「Windows Intune」の新機能では、iOSやAndroid端末上のOfficeアプリケーションの管理ができるようになるという。

2014年06月06日 08時00分 公開
[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftは2014年5月12日(米国時間)から開催された同社の開発者向けイベント「TechEd North America 2014」において、「Windows Intune」でOffice 365アプリケーションおよび非Windowsデバイスの企業データを管理する新機能について明らかにした。

 同社は2014年初め、クラウドベースのIntuneのアップデート時に新機能の一部を示唆していたが、今回のTechEdの中でプレビューを披露した。2014年後半にも、アプリケーションラッピングと、より安全性の高い企業データ管理機能が「Enterprise Mobility Suite(EMS)」の一部として利用できるようになる。

 Microsoftは、IntuneをWindowsデバイスだけでなく、米AppleのiOSや米GoogleのAndroidを搭載したモバイル端末の管理とセキュリティの中核として位置付けている。「Office for iPad」のリリースと同様、AndroidデバイスにOfficeアプリを提供し、Intuneでそれらの管理を可能にする。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。