2016年02月25日 12時00分 公開
特集/連載

ざっくり分かる「社内向けiOSアプリ」開発ガイド「Xcode」の使い方からAppStoreでの配布まで

iOSデバイス向けにアプリケーションを開発するのは簡単ではない。各種の手順を踏まなければならず、アプリケーションを配布する方法もさまざまだ。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | アプリケーション開発


画像 無料で使える「Xcode」《クリックで拡大》

 AppleのiOSデバイス向けにアプリケーションを開発するためには、さまざまな手順を踏む必要がある。

 まず開発者はiOS用の統合開発環境「Xcode」を学ばなければならない。次に、有効期限や更新ルールがそれぞれ異なる証明書やライセンス、プロファイルを適切に設定し、管理しなければならない。さらにその上で、アプリケーションをユーザーに配布するための最善の選択肢を検討する必要がある。

 iOSアプリケーションを発行する手順や配布方法の選択肢などについて、あらためて確認しておこう。

Xcodeの使い方

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...