2021年06月04日 05時00分 公開
特集/連載

サーバ仮想化の導入を阻む「リソース競合」「アプリパフォーマンス低下」問題サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【後編】

サーバ仮想化製品を導入することでアプリケーションの処理速度が低下したり、予想よりも多額の管理コストがかかったり可能性がある。こうした問題を防ぐための方法とは。

[Rich Castagna,TechTarget]

 自社のデータセンターにサーバ仮想化製品を導入することで、企業はハードウェアを削減しやすくなったり、新しいアプリケーションを導入しやすくなったりする効果が得られる。ただしサーバ仮想化製品には、問題を起こす可能性がある幾つかのデメリットがある。中編「『仮想マシンの構築が簡単過ぎる』ことがもたらす深刻な問題とは?」に続き、本稿はサーバ仮想化製品のデメリットを説明する。

デメリット7.リソースの競合

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。