2021年06月04日 05時00分 公開
特集/連載

サーバ仮想化の導入を阻む「リソース競合」「アプリパフォーマンス低下」問題サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【後編】

サーバ仮想化製品を導入することでアプリケーションの処理速度が低下したり、予想よりも多額の管理コストがかかったり可能性がある。こうした問題を防ぐための方法とは。

[Rich Castagna,TechTarget]

 自社のデータセンターにサーバ仮想化製品を導入することで、企業はハードウェアを削減しやすくなったり、新しいアプリケーションを導入しやすくなったりする効果が得られる。ただしサーバ仮想化製品には、問題を起こす可能性がある幾つかのデメリットがある。中編「『仮想マシンの構築が簡単過ぎる』ことがもたらす深刻な問題とは?」に続き、本稿はサーバ仮想化製品のデメリットを説明する。

デメリット7.リソースの競合

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...