2021年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

「物理サーバ」と「仮想サーバ」のどちらを選べばよいのか?物理サーバと仮想サーバを比較する【後編】

仮想サーバでアプリケーションを動かすことは珍しくなくなった一方で、物理サーバでアプリケーションを動かすことが時代遅れになったわけではない。物理サーバと仮想サーバのどちらを選べばよいのか。

[Rob Bastiaansen,TechTarget]

 複数の物理サーバの役割を単一の物理サーバに集約できるメリットが、サーバ仮想化技術の普及を後押しした。別の物理サーバへアプリケーションを移行させたり、DR(災害復旧)を実施したりすることが比較的容易である点も、サーバ仮想化のメリットだ。

 ある物理サーバで稼働する仮想サーバを、他の物理サーバに無停止で移行させるライブマイグレーション技術が誕生すると、サーバ仮想化のメリットは一層大きくなった。IT管理者はアプリケーションを中断することなくハードウェアを交換したり、新しく用意したりすることで、ボトルネックを排除できるようになった。

結局、物理サーバと仮想サーバのどちらを選べばよいのか

 ハイパーバイザーのライセンス料金や従業員のスキル育成などの要素を踏まえると、初期コストは物理サーバよりも仮想サーバの方が高くつくように見える。注意する必要があるのは、仮想サーバを利用することで、物理サーバの台数を削減できる点だ。長期的に見るとハードウェアの1回目の定期交換が必要になるタイミングで、仮想サーバによるコストの削減効果が明らかになる。

 仮想サーバがもたらす価値についても検討する必要がある。これまでにMicrosoftの「Hyper-V」やオープンソースの「Xen」「KVM」(Kernel-based Virtual Machine)などさまざまなハイパーバイザーが登場し、競争激化に伴ってハイパーバイザーの機能は洗練されてきた。その結果、サーバ仮想化は企業システムにとって必須の技術となった。ハイパーバイザーの持つ運用管理の自動化機能を生かすことができれば、物理サーバよりも仮想サーバの方がシンプルで高速にシステムを実装できる。

 1つのアプリケーションに全てのハードウェアリソースを使用したいときは、物理サーバを使用するのが一般的だ。例えば64個のCPUコアと32TB(テラバイト)のメモリ、100Gbpsのイーサネットといった高性能なサーバを必要とするアプリケーションを稼働させる場合、その性能を備えた専用の物理サーバで運用することが合理的だと考えられる。一方で十分な性能を持った仮想サーバを運用できるハイパーバイザーを利用している場合、一括管理やアプリケーション移行の容易さといった仮想サーバのメリットが、オーバーヘッドによるデメリットをしのぐこともある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...