2021年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

「ゼロトラストセキュリティ」を導入すれば“脱VPN”が可能に?ゼロトラストセキュリティが目指すもの【後編】

セキュリティ対策における“対症療法”の積み重ねは、セキュリティ製品の増加を招いてきた。「ゼロトラストセキュリティ」もさらなる製品追加のきっかけにしかならないのか。導入によって取り除ける要素はあるのか。

[Katie Donegan,TechTarget]

 従業員が社内LANの内外にいるかどうかにかかわらず、必要に応じて認証を実施するセキュリティモデル「ゼロトラストセキュリティ」が、業界のキーワードとして浮上している。セキュリティベンダーがゼロトラストセキュリティを全面的に押し出すことには良い面と悪い面があると指摘するのは、VMwareでエンジニアを務めるエバン・ギルマン氏と、オンライン決済ベンダーStripeでサイトリライアビリティエンジニアを務めるダグ・バース氏だ。

「ゼロトラストセキュリティ」を導入すれば取り除けるものとは

―― 保護および制御すべき対象が増えることから、ゼロトラストセキュリティの実装は「付加的だ」と言われています。ゼロトラストセキュリティが取り除けるものはありますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...