2020年07月20日 05時00分 公開
特集/連載

「VM」「コンテナ」「サーバレス」の違い アプリ実行に最適な技術は?それぞれのメリットとデメリットを解説

アプリケーションを稼働させるITインフラの自由度を高める技術に「仮想マシン」「コンテナ」「サーバレスコンピューティング」がある。どの技術を選ぶべきなのだろうか。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

 アプリケーションの構造は、それを実行する物理サーバやOSなどのITインフラに依存する。ベンダー各社は何年もの間、そうした依存関係を少なくして、アプリケーションの構造を単純化しようとしてきた。「仮想マシン」(VM)や「コンテナ」「サーバレスコンピューティング」はそれぞれ異なる技術だが、アプリケーションとITインフラの結び付きを弱める効果を持つ点は共通する。いずれもアプリケーションを稼働させるITインフラを変更しやすくする半面、IT担当者にアプリケーション管理に関する課題をもたらす。

仮想マシン

 調査会社Gartnerのサンフランシスコ地域担当副社長兼アナリスト、アルン・チャンドラセカラン氏は「VMは物理サーバが持つ機能を抽象化してアプリケーションを稼働させるための、仮想的な専用ハードウェアだ」と解説する。VMを使うと、CPUやメモリ、ストレージといったリソースの利用効率が劇的に向上する。組織はVMを利用することで、1つのアプリケーションに1台の物理サーバを割り当てるのではなく、1つの物理サーバを使って複数のアプリケーションを運用できるようになる。

 VMには限界がある。VMはゲストOSと結び付いている。「Windows」をゲストOSにしたVMで稼働するアプリケーションを、「Linux」で実行することはできない。その逆も不可能だ。

コンテナ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...