2020年07月21日 05時00分 公開
特集/連載

「レガシーVPN」と「クラウドVPN」の違いとは?「VPN」の誤解と現実【中編】

ハードウェアの導入を前提とする従来型のVPN製品に加えて、最近はソフトウェア形式のVPN製品やVPNのクラウドサービスが充実し始めている。何が違うのか。

[Michaela Goss,TechTarget]

 「VPN」(仮想プライベートネットワーク)がユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)を妨害すると信じている人がいる。この誤解は「レガシーVPN」の動作に由来する。レガシーVPNは、従業員のクライアントデバイスにインストールするソフトウェア「VPNクライアント」と、会社側に設置するハードウェア「VPNゲートウェイ」の間で、仮想的な通信路の「トンネル」を作成し、安全にデータを送受信できるようにする。

 ITコンサルタントのポール・カーバン氏は、レガシーVPNがUXを妨害すると考えられている要因として、スループット(実効的なデータ伝送速度)の低さやレイテンシ(遅延)を挙げる。こうした問題は、従業員の苦情が増える原因となる。

ソフトウェアVPNやクラウドVPNのメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...