2020年05月18日 08時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「LAN」「WAN」のセキュリティ対策の違いとは?仕組みの違いから考える

「LAN」と「WAN」を安全に利用するためのセキュリティ対策は何が違うのか。それぞれの主要なセキュリティ対策を説明する。

[Michael Heller,TechTarget]

 「LAN」(ローカルエリアネットワーク)は、組織内のクライアントデバイスやサーバといったエンドポイント同士を接続するためのネットワークだ。さまざまな規模の企業が特定の限られた空間の中で使用する。「WAN」(ワイドエリアネットワーク)はLAN同士を相互に接続したネットワークだ。国外を含む他の地域にある支社など、LANよりも地理的に広い範囲で使用される。

 LANとWANはデータ伝送速度や使用技術が異なるだけでなく、脅威やセキュリティ対策も異なる。その違いを理解しておくことが重要だ。

目次

  • LANのセキュリティ対策(会員限定)
  • WANのセキュリティ対策(会員限定)

LANのセキュリティ対策

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...