2019年10月15日 05時00分 公開
特集/連載

「無線LAN」をサイバー攻撃から守る【後編】“危ない無線LAN”をなくすための5大セキュリティ対策

攻撃者は古くから存在する攻撃手法を応用し、さまざまなアプローチで企業の無線LANを攻撃する。そうした攻撃手法と、具体的な防御策を知ることで、無線LANのセキュリティを強化する方法を学ぼう。

[Peter Loshin,TechTarget]
画像

 無線LANを狙った攻撃手法として、前編「無線LANにつながる全デバイスを危険にさらす『スプーフィング』攻撃とは」ではアクセス制御を脅かす攻撃を、中編「無線LANの不正APを使った攻撃『悪魔の双子』『APフィッシング』とは」では機密性と整合性を脅かす攻撃を紹介した。後編では、無線LANの可用性を脅かす攻撃とともに、無線LANを狙った攻撃の対策を解説する。

可用性を脅かす攻撃

 情報を盗むことだけがサイバー攻撃の目的とは限らない。妨害行為を目的とする攻撃もある。その一例が、標的となるサーバなどのリソースに負荷をかけてサービスを止めることを狙ったDoS(サービス妨害)攻撃だ。

 DoS攻撃は、機器を物理的に盗むより影響が大きい半面、攻撃者が背負うリスクは低い。正規ユーザーのアクセス遮断、有害トラフィックによるフラッディング(許容量を超えたトラフィックの流入)、アクセス妨害など、無線LANに対するDoS攻撃にはさまざまな手法がある。

 無線LANルーターや無線LANアクセスポイント(AP)を盗む攻撃も、無線LANの可用性を脅かす。APや無線LANルーターを盗まれると、認可ユーザーがネットワークにアクセスできなくなり、盗まれた機器の再設置コストもかかる。

無線LANへの攻撃対策

 無線LANへの攻撃を防ぐ手段としては以下の5種類がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...