2019年04月16日 16時00分 公開
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド“危ない無線LAN”が嫌なら「WPA3」を使うべきこれだけの理由

無線LANのセキュリティプロトコルの最新版「WPA3」。弱点が発見された「WPA2」からWPA3への置き換えは今後、必至とみられる。WPA3を利用すべき理由について説明する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 2018年、無線LAN規格の標準化団体Wi-Fi Allianceが無線LANのセキュリティプロトコル「Wi-Fi Protected Access」(WPA)の最新版、「WPA3」を発表した。この一世代前の「WPA2」は2017年に脆弱(ぜいじゃく)性が発見されており、WPA3はその弱点を補強するよう設計された。

 無線LANを利用する機会は、仕事、私生活を問わず増えている。IoT(モノのインターネット)デバイスが普及する中で、無線LANを利用するシーンは多様化し、利用頻度はさらに増えるだろう。

 市場では既にWPA3に準拠した無線LAN機器製品が登場している。現在、最も一般的に用いられているセキュリティプロトコルはWPA2だが、脆弱性が発見されたプロトコルを使い続けるのは不安が残る。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料では、WPA3の特性を踏まえつつ、WPA3に移行すべき理由を説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...