2020年05月17日 08時30分 公開
特集/連載

Windows 10の「高速スタートアップ」機能を無効化する簡単な方法「高速スタートアップ」のトラブルシューティング【後編】

「Windows 10」の起動を高速化する「高速スタートアップ」。一般的にはデフォルトで有効になっているが、トラブルを回避するために無効化したい場合もあるだろう。無効化の手順を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows | OS


 「Windows」の機能である「高速スタートアップ」は、エンドユーザーがOSを起動するのにかかる時間を短縮する。「Windows 10」では、一般的に高速スタートアップはデフォルトで有効になっている。

 高速スタートアップは通常、ユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)の観点からはメリットがある。ただし前編で紹介した通り、高速スタートアップを有効にしている場合、状況によってはトラブルが発生する。その場合はIT部門が高速スタートアップを無効にしなければならない。

Windows 10で高速スタートアップの有効・無効を切り替える方法

画面 画面 「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックボックスで高速スタートアップの有効・無効を設定できる《クリックで拡大》

 高速スタートアップの有効・無効を切り替えるには、タスクバーにある検索ボックスで「コントロールパネル」と入力すると、検索結果に「コントロールパネル」が現れる。「開く」をクリックするとコントロールパネルが開く。次にコントロールパネルで「システムとセキュリティ」「電源オプション」の順にクリックし、右カラムの「電源ボタンの動作の選択」をクリックする。高速スタートアップは通常、デフォルトで有効になっている(画面)。

 画面では「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックボックスが灰色になっている点に注目してほしい。これはエンドユーザーがこの機能を無効にすることを防いでいる。管理者が高速スタートアップを無効にする必要がある場合、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックすると、チェックボックスがグレー表示されないようになり、エンドユーザーが高速起動の有効・無効を切り替えられるようになる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...