2020年05月16日 08時30分 公開
特集/連載

「Java 14」は何が新しいのか? 注目要素をおさらいOracle JDK 14の新機能やプレビュー版機能を解説

Oracleが公開したJava開発・実行環境の最新バージョン「Oracle JDK 14」(「Java 14」)には、どのような新要素があるのか。注目すべき要素を解説する。

[Darryl K. Taft,TechTarget]

 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」の仕様群「Java SE」(Java Platform, Standard Edition)の最新版が「Java SE 14」だ。本稿はOracleが2020年3月に提供を始めた、Java SE 14向けの開発・実行環境「Oracle JDK 14」(通称「Java 14」)の注目すべき要素を見ていく。

 主な新要素は以下の通りだ。

  • 「switch」の記法の追加
  • 「Java Flight Recorder」(JFR)用の新しいAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の追加
  • 「ZGC」(Z Garbage Collector)の利用範囲拡大

 加えてOracle JDKやオープンソースの「OpenJDK」に関する機能拡張提案プロセス「JDK Enhancement Proposals」(JEP)に基づいたプレビュー版の注目すべき要素は以下の通りだ。

  • 「instanceof」の拡張
  • 新クラス「Records」の追加
  • 「テキストブロック」の継続導入

新要素1.switchの記法の追加

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...