2020年05月16日 08時30分 公開
特集/連載

「Java 14」は何が新しいのか? 注目要素をおさらいOracle JDK 14の新機能やプレビュー版機能を解説

Oracleが公開したJava開発・実行環境の最新バージョン「Oracle JDK 14」(「Java 14」)には、どのような新要素があるのか。注目すべき要素を解説する。

[Darryl K. Taft,TechTarget]

 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」の仕様群「Java SE」(Java Platform, Standard Edition)の最新版が「Java SE 14」だ。本稿はOracleが2020年3月に提供を始めた、Java SE 14向けの開発・実行環境「Oracle JDK 14」(通称「Java 14」)の注目すべき要素を見ていく。

 主な新要素は以下の通りだ。

  • 「switch」の記法の追加
  • 「Java Flight Recorder」(JFR)用の新しいAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の追加
  • 「ZGC」(Z Garbage Collector)の利用範囲拡大

 加えてOracle JDKやオープンソースの「OpenJDK」に関する機能拡張提案プロセス「JDK Enhancement Proposals」(JEP)に基づいたプレビュー版の注目すべき要素は以下の通りだ。

  • 「instanceof」の拡張
  • 新クラス「Records」の追加
  • 「テキストブロック」の継続導入

新要素1.switchの記法の追加

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...