2020年02月17日 08時30分 公開
特集/連載

Javaから「Kotlin」に乗り換えたくなる5つの理由「Android」アプリ開発者が注目

Javaの代替となる可能性を秘めたプログラミング言語がある。Androidアプリケーション開発者を中心に利用が広がっている「Kotlin」だ。注目の背景を探る。

[Shira Gray,TechTarget]

関連キーワード

Java | アプリケーション開発


 プログラミング言語の「Java」を、別のプログラミング言語に入れ替えようと考えたことはあるだろうか。今、代替先の有力候補だと目されているのが「Kotlin」(コトリン)だ。アプリケーション開発者の間で、いずれKotlinがJavaを圧倒するかどうかはまだ分からない。だがKotlinは、検討すべきもう一つの選択肢ではある。

 モバイルOS「Android」用アプリケーションの開発者間ではいまだに、KotlinとJavaのどちらのプラットフォームを選ぶのが「正しい」のかに関して混乱がある。KotlinとJavaの機能を比べた場合、Kotlinの勝利は明らかだと私は考える。Kotlinの方がシンプルですっきりしていて、コードが少なくて済むからだ。

 開発者が次のプロジェクトのためにKotlinを検討すべき5つの理由を解説する。

目次


理由1.Javaとの互換性

 Kotlinに関連した主な利便性の一つは、Javaとの互換性にある。開発者はJavaのフレームワーク(特定の設計思想に基づくライブラリなどのソフトウェアやテンプレート、ドキュメントの集合体)を利用できるため、Javaのプロジェクトを全面的に変更しなくて済む。KotlinのJavaとの互換性は、プロジェクトを全面的にJavaから移行するために余分な作業を必要としないという点で、開発者にとって大きなセールスポイントになる。

理由2.コンパクトなコードによる安定性とセキュリティの向上

 バグを修正するために大量のコードが必要なこともあるJavaと違って、Kotlinではそれよりも少ないコードで問題を解決できる。適切にプログラミングすれば、Kotlinを使う開発者のコードは安定性が増し、バグやクラッシュが減ってユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)を高めることができる。

 KotlinとJavaのコードを比較すると、Kotlinの方がコンパクトですっきりしていることが分かる。結果として、より少ない量のコードで自分のアプリケーション開発にセキュリティの要素を追加できる。コードが少なくなれば、一般的にはコードのエラーも減る傾向がある。ありがちなプログラミングのミスを防ぐことができれば、クラッシュの発生を抑制し、システム障害の削減につなげられる可能性がある。

 開発者は常に、開発プロセスのできる限り早い段階から潜在的なコードの問題について考えることが推奨される。ただしJavaを使ったプログラミングでは、それが簡単にできるとは限らない。Kotlinの開発者は、プログラミングの初期の段階でもっと簡単に問題がありそうな部分を特定でき、もっと慎重なコードを作成して、そうした問題が起きる前に回避できる。

理由3.安全性を重視したコンパイラ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...