2019年10月17日 10時05分 公開
特集/連載

Oracleからの移管「Java EE」の後継「Jakarta EE」が公開、両者の違いは?

Oracleから「Java EE」を譲り受けたEclipse Foundationが、2019年9月にJava EEの互換版「Jakarta EE」をリリースした。その詳細や今後の開発方針を関係者に聞いた。

[Darryl K. Taft,TechTarget]
画像

 統合開発環境(IDE)「Eclipse」を管理する非営利団体Eclipse Foundationは2019年9月10日、Oracleから譲り受けた「Java」の企業向け仕様「Java EE」のバージョン8と完全互換性を持つ「Jakarta EE」バージョン8を公開した。これにより、OracleからEclipse FoundationへのJava EEの移管が完了したことになる。

 Eclipse Foundationはバーチャルカンファレンス「JakartaOne Livestream」において、Jakarta EE 8と、その軽量版「Web Profile」を発表した。Eclipse Foundationのエグゼクティブディレクターを務めるマイク・ミリンコビッチ氏は「これは業界にとって大きなニュースだ」と強調する。この発表により、Java EEに関する知的財産、プログラム、仕様がOracleからEclipse Foundationに移り、コミュニティーがプロジェクトを主導することになると、同氏は説明する。

「クラウドネイティブなJava」の実現を目指す

 Java EEは、Eclipse Foundationの管理下に置かれることによって、クラウドネイティブ環境でのアプリケーション開発の要件を満たす方向へ進む。Eclipse Foundationは資料「Fulfilling the Vision for Open Source, Cloud Native Java」(オープンソースでクラウドネイティブなJavaの実現)を公開し、その中でクラウドネイティブなJavaとその重要性、Jakarta EEの今後の方向性を説明している。

 「これはJakarta EEプロジェクトの大きな第一歩であり、絶妙のタイミングだった」。クラウド環境での開発に特化したプログラミング言語を手掛ける新興企業xqiz.itで、創業者兼CEOを務めるキャメロン・パーディー氏は、Jakarta EE 8についてこう語る。「次の『Jakarta EE 9』が出て初めてこのプロジェクトの真価が証明され、仕様公開の間隔やクラウド適性などが明らかになるだろう」

 既存のJavaシステムをクラウドやハイブリッドクラウドに移行したい企業にとっても、今回の発表は大きな意味を持つ。ミリンコビッチ氏によると、IBMやその傘下にあるRed Hatなどのメンバーが主導するEclipse Foundationは、そうした企業の要望に応えていくという。「Javaアプリケーションを、マイクロサービスアーキテクチャや『Docker』『Kubernetes』など新しい技術を使ったアプリケーションに生かしたいと考える開発者は多い。これを機会に、今後20年のアプリケーション開発におけるJavaへの需要と関心を再生したい」(同氏)

「Java」という名前は使えない

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...