2018年12月17日 05時00分 公開
特集/連載

長期サポートを確約「Amazon Corretto」はOpenJDKディストリビューションの本命に躍り出るか

AWSは、Javaのオープンソース実装である「OpenJDK」の独自ディストリビューション「Amazon Corretto」を発表した。Correttoは、Oracleが配布するOpenJDKよりもサポート期間が長い。

[Darryl K. Taft,TechTarget]
画像

 Amazon Web Services(以下AWS)は、Oracleが提供するJavaの無償オープンソース開発環境「OpenJDK」の独自ディストリビューション「Amazon Corretto」(以下Corretto)を2018年11月に発表した。CorrettoはOpenJDKより長期にわたるサポート期間を設定し、AWSを使用する多数のJava開発者への強力な支援を約束している。

 Correttoは複数のプラットフォームで利用でき、本番環境に導入できる無償のOpenJDKディストリビューションで、2018年11月時点でプレビュー版として提供されている。OpenJDKは「Java Platform, Standard Edition」(Java SE)のオープンソース実装だ。AWSがOpenJDKディストリビューションのサポートを無償で継続すると確約したことは、AWS開発者の間でJavaの人気が高いことを示している。

 ここでのキーワードは「確約」と「無償」だ。OpenJDK バージョン8に相当するCorretto バージョン8は、本体であるOpenJDK バージョン8のサポート期間を超える4年以上の長期サポートが予定されている。これによりOpenJDKは少なくとも4年間の無償サポート期間があることになる。

CorrettoはOpenJDKの“完全な”代替品になり得る

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。