2016年06月24日 07時00分 公開
特集/連載

Javaのブラウザプラグインがついに廃止へ、「Javaアプレット」の“終活”は?「Java Web Start」などの移行手段を解説(1/2 ページ)

Oracleはセキュリティリスクを理由に、JavaのWebブラウザ用プラグインを廃止する。Javaベースのアプリケーションを開発してきた企業は、どう対処すべきなのか。

[Michael Cobb,TechTarget]

関連キーワード

Java | Oracle(オラクル) | Acrobat | Flash | 脆弱性


Javaプラグインの廃止で“危険なJava”のイメージ払拭(ふっしょく)なるか

 Oracleはセキュリティリスクを理由に、プログラミング言語「Java」の開発・実行環境「Java SE Development Kit」(JDK)の次期バージョンで、Webブラウザ用のプラグイン(以下、Javaプラグイン)を非推奨にし、将来的に廃止すると発表した。セキュリティの観点からは歓迎すべき動向のように思える。だがJavaベースのアプリケーションを多数抱える企業にとってはどうなのか。Javaプラグインの代替を使う際に知っておくべきセキュリティリスクは存在するのか。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...