2016年01月19日 08時00分 公開
特集/連載

「Internet Explorer 8/9/10」サポート終了で動かなくなるアプリが続出かサイバー攻撃よりも恐ろしい?

Webブラウザ「Internet Explorer」の旧バージョンがサポート終了を迎えた。旧バージョンの継続利用はサイバー攻撃のリスクを高めるが、最新版への移行もまた苦痛を伴う。

[Michael Heller,TechTarget]
IE Microsoftは最新版IEへのアップグレードを呼びかけるが……(画面は日本マイクロソフトの製品紹介ページ)《クリックで拡大》

 2016年1月12日(米国時間)、米Microsoftは一部例外を除き、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)のバージョン8、9、10のサポートを終了した。どのバージョンのサポートが終了したかは、実行している同社の「Windows」のバージョンによって異なる。

 ある専門家は、これら旧バージョンのサポート終了が、企業に予想以上の問題をもたらす可能性があると指摘する。その原因は、企業のカスタムWebアプリケーションの存在にある。

想像以上に多い“旧式IE”の利用

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...