2016年01月19日 08時00分 公開
特集/連載

「Internet Explorer 8/9/10」サポート終了で動かなくなるアプリが続出かサイバー攻撃よりも恐ろしい?

Webブラウザ「Internet Explorer」の旧バージョンがサポート終了を迎えた。旧バージョンの継続利用はサイバー攻撃のリスクを高めるが、最新版への移行もまた苦痛を伴う。

[Michael Heller,TechTarget]
IE Microsoftは最新版IEへのアップグレードを呼びかけるが……(画面は日本マイクロソフトの製品紹介ページ)《クリックで拡大》

 2016年1月12日(米国時間)、米Microsoftは一部例外を除き、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)のバージョン8、9、10のサポートを終了した。どのバージョンのサポートが終了したかは、実行している同社の「Windows」のバージョンによって異なる。

 ある専門家は、これら旧バージョンのサポート終了が、企業に予想以上の問題をもたらす可能性があると指摘する。その原因は、企業のカスタムWebアプリケーションの存在にある。

想像以上に多い“旧式IE”の利用

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...