2014年11月14日 08時00分 公開
特集/連載

「Internet Explorer」のセキュリティがいまだに問題となる理由気をつけたい5つの攻撃とその対策

米Microsoftの「Internet Explorer」をはじめとしたWebブラウザやコンピュータ、クラウドサービスは、無数に存在する脆弱性や攻撃の脅威に絶えずさらされている。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 米Microsoftの「Internet Explorer」(IE)をはじめとした多くのWebブラウザは、オンラインでの金融取引やクラウドアプリなど、さまざまなサービスを利用することができる。

 こうしたWebブラウザは、基本的には通信アプリケーションと何ら変わらない。数多くのセキュリティの見落としや欠陥が潜んでいる。そのような脆弱性によって個人のデータや企業のシステムは危険にさらされる恐れがある。本稿では、昨今のWebブラウザによく見られる欠陥を考察して、IEのセキュリティリスクを緩和する方法を検討したい。

基本的なWebブラウザの脆弱性

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

3万円で始めるウェビナー 配信ツールをどう選ぶ?
まずはスモールスタートで。今回は、ウェビナーを実施するための体制や必要な環境につい...

news128.jpg

有料化直後のドラッグストアでは「レジ袋購入しない人」が約8割――True Data調べ
2020年7月1日からレジ袋を有料化したドラッグストアの実購買データを調査。

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...