2014年11月14日 08時00分 公開
特集/連載

「Internet Explorer」のセキュリティがいまだに問題となる理由気をつけたい5つの攻撃とその対策

米Microsoftの「Internet Explorer」をはじめとしたWebブラウザやコンピュータ、クラウドサービスは、無数に存在する脆弱性や攻撃の脅威に絶えずさらされている。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 米Microsoftの「Internet Explorer」(IE)をはじめとした多くのWebブラウザは、オンラインでの金融取引やクラウドアプリなど、さまざまなサービスを利用することができる。

 こうしたWebブラウザは、基本的には通信アプリケーションと何ら変わらない。数多くのセキュリティの見落としや欠陥が潜んでいる。そのような脆弱性によって個人のデータや企業のシステムは危険にさらされる恐れがある。本稿では、昨今のWebブラウザによく見られる欠陥を考察して、IEのセキュリティリスクを緩和する方法を検討したい。

基本的なWebブラウザの脆弱性

ITmedia マーケティング新着記事

news181.jpg

価格上昇を実感、「スーパーマーケット」や「ガソリンスタンド」で約8割――CCCマーケティング総研調査
ティッシュ・トイレットペーパー、ガソリン、さらにはペットフード、ネット代やスマホ代...

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。