2014年11月14日 08時00分 公開
特集/連載

気をつけたい5つの攻撃とその対策「Internet Explorer」のセキュリティがいまだに問題となる理由

米Microsoftの「Internet Explorer」をはじめとしたWebブラウザやコンピュータ、クラウドサービスは、無数に存在する脆弱性や攻撃の脅威に絶えずさらされている。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 米Microsoftの「Internet Explorer」(IE)をはじめとした多くのWebブラウザは、オンラインでの金融取引やクラウドアプリなど、さまざまなサービスを利用することができる。

 こうしたWebブラウザは、基本的には通信アプリケーションと何ら変わらない。数多くのセキュリティの見落としや欠陥が潜んでいる。そのような脆弱性によって個人のデータや企業のシステムは危険にさらされる恐れがある。本稿では、昨今のWebブラウザによく見られる欠陥を考察して、IEのセキュリティリスクを緩和する方法を検討したい。

基本的なWebブラウザの脆弱性

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。