2014年09月16日 08時00分 公開
特集/連載

実はサポート切れが迫っている「Internet Explorer 8」、今すぐ行うべきこととは?Microsoftは2016年1月12日にサポートを終了

Windows 7に標準搭載する「Internet Explorer 8」のサポートが2016年1月12日に終了する。IE 8向けのレガシーアプリを利用する企業は今すぐにでも対応が必要となる。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftは、「Windows 7」に標準で搭載する「Internet Explorer 8」(以下、IE 8)のセキュリティサポートと技術サポートを2016年1月12日に終了する。サポート終了後もIE 8で稼働するWebアプリケーションを使い続けることで、企業の重要なデータを危険にさらす恐れがある。

 IT担当者は、そうしたレガシーWebアプリケーションを更新する必要がある。Microsoftは企業のIT部門に対してIE 8のサポートが17カ月後に切れることについて警鐘を鳴らしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...