2014年07月03日 08時00分 公開
特集/連載

Webブラウザが“OS化”しつつあるHTML5対応で進む機能強化

HTML5に対応することでWebブラウザはネイティブのアプリケーションに負けないほどの機能を実装しつつある。この進化はさまざまなアプリケーションに影響を与えるだろう。

[Gabe Knuth,TechTarget]

関連キーワード

OS | Internet Explorer(IE) | ブラウザ


 今日、WebブラウザはOSに近づきつつある。特にHTML5に対応したWebブラウザでは、米Appleの「iOS」や米Googleの「Android」だけでなく、米Microsoftの「Windows」やAppleの「OS X」をほうふつとさせる機能が搭載されている。また、「Chrome OS」や「Chromium」(Chrome OSのオープンソース版)など実際にブラウザOSも誕生している。他のOSと同様に、ブラウザOSで実行されるソフトウェアとツールでは、新しく追加された機能を活用できる。

 Webブラウザの機能は着実に強化されている。開発者ではなくエンドユーザーに最も大きな影響があるのはGPUアクセラレーションだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

BTS効果でK-POP大躍進 世界の音楽市場の成長率推移はどうなっている?
世界の音楽シーンに旋風を巻き起こすK-POP。その他の国・地域の音楽市場はどうなっている?

news153.jpg

「誰得営業」の実態とは?――ネオマーケティングとBaseconnect調査
営業活動で嫌な思いをしたことのある営業担当者は8割超。営業を受けて「良かった」と答え...

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...