Webブラウザが“OS化”しつつあるHTML5対応で進む機能強化

HTML5に対応することでWebブラウザはネイティブのアプリケーションに負けないほどの機能を実装しつつある。この進化はさまざまなアプリケーションに影響を与えるだろう。

2014年07月03日 08時00分 公開
[Gabe Knuth,TechTarget]

関連キーワード

OS | Internet Explorer(IE) | ブラウザ


 今日、WebブラウザはOSに近づきつつある。特にHTML5に対応したWebブラウザでは、米Appleの「iOS」や米Googleの「Android」だけでなく、米Microsoftの「Windows」やAppleの「OS X」をほうふつとさせる機能が搭載されている。また、「Chrome OS」や「Chromium」(Chrome OSのオープンソース版)など実際にブラウザOSも誕生している。他のOSと同様に、ブラウザOSで実行されるソフトウェアとツールでは、新しく追加された機能を活用できる。

 Webブラウザの機能は着実に強化されている。開発者ではなくエンドユーザーに最も大きな影響があるのはGPUアクセラレーションだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...