2015年09月19日 09時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:新ブラウザ「Microsoft Edge」、Chromeユーザーをも夢中にする意外な新機能はIEを引退させてWindows 10で登場(1/2 ページ)

Windowsの新たな標準ブラウザ「Microsoft Edge」は、「Internet Explorer」での経験を教訓に、便利な機能を多く実装した。効果的な使い方をお教えしよう。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Internet Explorer(IE) | Chrome OS


photo EdgeのWebサイト《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Windows 10」で新しいブラウザとして導入された「Microsoft Edge」では、Webサイトが閲覧しやすくなっている。ユーザーはページに注釈を付けることが可能で、「Cortana」と統合されている。

 Windows 10でMicrosoftの新たな標準ブラウザとなったEdgeは、肥大化して扱いづらくなった過去の遺物である「Internet Explorer」(IE)に代わる軽量なブラウザだ。

 MicrosoftはWebブラウザ市場でシェアを失いつつあるが、Edgeには失ったシェアの一部を取り戻す役割が期待されている。失ったシェアの大半は、米Googleの「Chrome」に奪われている。

 Edgeは新しく開発されたブラウザだが、IEの一部の近代的なテクノロジーを流用しつつ、IEで重荷になっていた多くの部分を切り捨てている。Windows 10には依然としてIEが同梱されている。これは、レガシーアプリケーションやWebサイトをサポートするための措置である。だが、Microsoftが何よりも重視しているのは新ブラウザのEdgeだ。

Edgeの基本的な使い方

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...