2017年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

再び実感するJavaのすごみ、IoTでJavaが選ばれる4つの理由IoTアプリケーション開発に必須の言語

IoT(モノのインターネット)アプリケーションをJavaで開発する体制は、今後も長期的に存続するだろう。IoTのアプリケーション開発でJavaが選ばれる4つの理由を挙げる。

[Ritesh Mehta,TechTarget]

 Java言語の最大級の利点は、アプリコードの安定性にある。C言語がメモリ参照用に明示ポインタを使っているのに対し、Javaのオブジェクト参照は全て、アプリのコードでは操作できない暗黙のポインタが使われる。これによって、アプリが突然動作を停止する原因となるメモリアクセス違反のような問題の可能性が自動的に排除される。C言語で書かれたアプリを新しいプラットフォームに移植するには時間とコストがかかってミスが生じることもある。これに対してJavaのもう1つの利点は、1度書けばどこでも実行できる点にある。アプリで使っているAPIが変わらなければ、既存のJARファイルクラスにデプロイし直すだけで済む。単純な再コンパイルを行えば、Javaの新しいバージョンに移行できる。

IoTアプリケーション開発でJavaが選ばれる4つの理由

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...