Java開発の現在と将来――Javaはレガシーアプリにデジタル変革を起こせるのか「JavaOne 2017」で学ぶ開発ツールの利用方法

コンテナへの対応、モジュール化、Java EEの「MicroProfile」など、Java開発ツールのさまざまな強化点について、エンタープライズアーキテクトと開発者が解説する。

2017年11月14日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 デジタル変革戦略を進める企業は、レガシーインフラへのアクセスを保ちながら、コンテナやWebサービスといった新しい概念に対応するプログラミングツールを活用できるようバランスを取る必要がある。こうしたアプローチの1つに、JavaScriptのNode.js、Python、PHPに基づくWeb開発ツールの導入がある。コンテナ対応、モジュール化、Java EEのMicroProfileに基づく軽量のJavaの仮想マシン(JVM)など、最近の進化を取り入れることで、既存のJava開発ツールと専門知識をさらに有効に生かせるようになる。

 Oracleで製品管理部門のバイスプレジデントを務めるマイク・リーマン氏は次のように語る。「開発者は、Node.JS、Python、PHPなど、さまざまな言語を用いてマイクロサービスを作成している。Javaには膨大な知識ベースやスキルがあるが、次々と登場し、人気を集める膨大な数の言語も利用することになる」

クラウドネイティブになるようJavaを見直す

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。