2017年11月14日 05時00分 公開
特集/連載

Java開発の現在と将来――Javaはレガシーアプリにデジタル変革を起こせるのか「JavaOne 2017」で学ぶ開発ツールの利用方法

コンテナへの対応、モジュール化、Java EEの「MicroProfile」など、Java開発ツールのさまざまな強化点について、エンタープライズアーキテクトと開発者が解説する。

[George Lawton,TechTarget]

 デジタル変革戦略を進める企業は、レガシーインフラへのアクセスを保ちながら、コンテナやWebサービスといった新しい概念に対応するプログラミングツールを活用できるようバランスを取る必要がある。こうしたアプローチの1つに、JavaScriptのNode.js、Python、PHPに基づくWeb開発ツールの導入がある。コンテナ対応、モジュール化、Java EEのMicroProfileに基づく軽量のJavaの仮想マシン(JVM)など、最近の進化を取り入れることで、既存のJava開発ツールと専門知識をさらに有効に生かせるようになる。

 Oracleで製品管理部門のバイスプレジデントを務めるマイク・リーマン氏は次のように語る。「開発者は、Node.JS、Python、PHPなど、さまざまな言語を用いてマイクロサービスを作成している。Javaには膨大な知識ベースやスキルがあるが、次々と登場し、人気を集める膨大な数の言語も利用することになる」

クラウドネイティブになるようJavaを見直す

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

日本企業における非財務情報(ESG関連情報)活用とその実態――アビームコンサルティング調査
データを活用し、ESG活動の成果を定量的に把握した上で経営の意思決定を行う「真の統合型...

news117.jpg

Instagramがコロナ禍で苦境の飲食店を救うためにやっていること
Facebook JapanはInstagramで飲食店を含めた中小ビジネスを支援するためのさまざまな施策...