2016年09月29日 12時00分 公開
特集/連載

まず非推奨、将来的に廃止へ「Javaブラウザプラグイン」がついに廃止へ、Oracle決断の背景は? (1/2)

Oracleは、JavaのWebブラウザ用プラグインをまず非推奨とし、将来的に廃止する計画だ。その背景には、Webブラウザの進化やWebを取り巻く脅威の拡大がある。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Java | Oracle(オラクル) | API | セキュリティ


画像 Javaプラグインが廃止に向かうことで、開発者は対処が求められる《クリックで拡大》

 OracleはJavaの開発・実行環境「Java Platform, Standard Edition」(Java SE)の将来のリリースで、Webブラウザ用のプラグイン(以下、Javaプラグイン)を廃止する。これは業界全体の動向に沿った措置だ。主要なWebブラウザの大半で、プラグインサポートが打ち切られようとしている。

 セキュリティ問題が後を絶たない一方で、Web技術は進化を続ける。こうした中、Oracleを含むベンダーや開発者は、従来のプラグインに代わる技術を探している。

相次ぐWebブラウザの“プラグインフリー”化

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...