必要だからこそ自動化技術に取り組む好機
コロナ禍で「AIをサプライチェーンに使う」企業が急増か?
新型コロナウイルス感染症の世界的流行に直面し、市場は混乱している。サプライチェーンの管理を安定させ、少しでも正確な予測を立てるためには人工知能(AI)技術が役に立つ可能性がある。それはなぜか。(2020/5/29)

Chromeなど主要Webブラウザで利用可能
いまさら聞けない「WebRTC」とは? Web会議に不可欠な基礎技術
Webブラウザを使ったコミュニケーションツールを実現する上で、重要な役割を果たしている技術が「WebRTC」。どのような技術であり、どのようなメリットをもたらすのか。(2020/5/27)

新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【後編】
在宅勤務者の急増で「ソフトウェアライセンスが足りない」問題をどう解決するか
新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務者が増えた企業は、必要なソフトウェアライセンス数の確保に苦慮している。計画外の出費を最小限に抑えるこつは。(2020/5/19)

Oracle JDK 14の新機能やプレビュー版機能を解説
「Java 14」は何が新しいのか? 注目要素をおさらい
Oracleが公開したJava開発・実行環境の最新バージョン「Oracle JDK 14」(「Java 14」)には、どのような新要素があるのか。注目すべき要素を解説する。(2020/5/16)

Kubernetesストレージの基礎【後編】
あらゆるストレージとデータソースをコンテナ化して統合する「Rook」の魅力
Rookは、各種ストレージハードウェアやクラウドストレージ、SQLおよびNoSQLデータベースをまとめてソフトウェア定義ストレージ化する。Kubernetesユーザー注目のソリューションの魅力と課題を紹介する。(2020/5/13)

Computer Weekly日本語版
最も脆弱性が少ない&多いプログラミング言語が判明
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/5/7)

脆弱性最少言語はPython
最も脆弱性が多い言語は? OSSの脆弱性は増大傾向
WhiteSource Softwareがオープンソースコードのセキュリティ状況を調査し、レポートを公開した。脆弱性は前年比50%増と増大傾向にあるという。プログラミング言語別の脆弱性の状況も明らかになった。(2020/5/7)

長年の議論に終止符は打たれるか
「Xen」と「KVM」 2大ハイパーバイザーのどちらを選ぶべきなのか?
「Xen」か「KVM」かという論議は、どちらを主要ハイパーバイザーにするかという選択を管理者に迫る。それぞれどのような特徴があるのか。(2020/4/21)

クラウドニュースフラッシュ
国内パブリッククラウド市場が1兆円規模に、新型コロナでDaaSも急拡大か
企業や自治体が重要なシステムをクラウドに移行する動きが広がっている。それを象徴するクラウド関連の主要なニュースを紹介する。(2020/4/29)

各種セキュリティ製品が連携可能に
セキュリティ製品を統合するオープンソース言語「OpenDXL Ontology」
各社のセキュリティ製品が共通のメッセージフレームワークに準拠して情報をやりとりする。これにより各製品が自動的に連携して防御する。これを実現するのがOpenDXL Ontologyだ。(2020/4/16)

チリで実用化
「IoTセンサー」と「自動機械学習」(AutoML)が森林火災検知に一役買う
Entel Oceanは、IoTセンサーとDataRobotの自動機械学習(AutoML)製品を使用して、チリの森林火災を自動的に検知している。人よりも迅速に火災を検知できる、その仕組みとは。(2020/4/15)

「Edge」の「Chromium」化が関連しているとの声も
Android、iOS用「Defender ATP」を計画するMicrosoftの“真の狙い”とは?
Microsoftは同社のEDR製品「Microsoft Defender Advanced Threat Protection」のAndroid版とiOS版の提供計画を発表した。その背景には何があるのか。(2020/4/12)

「ビッグスリー」以外のクラウドサービス4種類を比較【中編】
AWS、Azure、GCPではなく「IBM Cloud」「Oracle Cloud」を選ぶべき理由と課題
クラウドサービスを選定するときは、ビッグスリー以外のクラウドベンダーにも目を向ける価値はある。本稿は老舗ITベンダーのクラウドサービスである「IBM Cloud」と「Oracle Cloud」について詳しく説明する。(2020/4/9)

ロボットの自律走行を目指す
竹中工務店が建築ロボットの制御を「AWS RoboMaker」で実現へ 効果と課題は
建築現場用ロボットと、その制御システム「建築ロボットプラットフォーム」を開発する竹中工務店。それらの中核要素として採用したのが「AWS RoboMaker」などのAWSサービスだ。選定理由とメリット、課題を整理する。(2020/4/8)

“専用”と“汎用”のクラウド比較【後編】
「CDN」「PaaS」はAWS、Azure、GCPとニッチクラウドのどれを選ぶべきか
「CDN」や「PaaS」は、AWSやAzure、GCPといった「ハイパースケールクラウド」だけにあるわけではない。より小規模な「ニッチクラウド」にも選択肢はある。どのような視点で選定すべきか。(2020/4/8)

「GraphQL」大規模導入で得た教訓【前編】
FinTech企業が大規模導入で学んだ「GraphQL」の注意点とは?
データ連携に「GraphQL」を利用するCredit Karmaは、アプリケーション改修と実際の運用を経て、GraphQL活用のための教訓を得たという。その教訓と、浮かび上がった課題とは何か。(2020/4/8)

Microsoftサービス契約の是非
Microsoft製品で共有した機密情報は「オープンソース化」される!?
コンサルタント企業Cernoが、Microsoftサービス契約の条項には問題があると主張している。Microsoft製品で他者と共有したコンテンツは全世界に公開される可能性があるという。(2020/4/7)

ハードウェアの保守は学生が担当
“業務フルクラウド化”の東京工科大学が学生システムをオンプレミスに残した訳
東京工科大学は、学生が利用するシステム群をハイブリッドクラウドで運用し、学内データセンターの保守を学生が担当している。その理由とは。(2020/4/20)

VMwareのコンテナ市場での戦い【後編】
VMwareが「コンテナ」市場でRed Hat、Dockerを追い抜く日
コンテナ市場の拡大に合わせて、Red HatやDockerなどのベンダーが新たな戦略を打ち出している。サーバ仮想化製品大手のVMwareも例外ではない。それぞれどんなアプローチを取っているのか。(2020/3/31)

VMwareのコンテナ市場での戦い【中編】
VMwareは「コンテナ」市場で存在感を示すために何をしているのか
コンテナ型仮想化技術の人気上昇を受け、VMwareが戦略を転換しつつある。市場で優位に立っているRed HatやDockerに対抗するため、VMwareはどのようなアプローチを取るのか。(2020/3/25)

クラウドベンダーのOSS利用は是か非か
オープンソースの目的は金銭的利益ではなかった
クラウドベンダーがオープンソースを搾取している、オープンソースに貢献していない、という批判がある。だが、オープンソースとは貢献を要求されるものだったのだろうか。(2020/3/18)

充実するAndroidの代替OSとカスタムUI【前編】
「Fire OS」だけではない「Android代替OS」5選 あなたは幾つ知っている?
「Android」からの乗り換えを狙う代替OSが充実してきた。どのようなOSがあるのだろうか。代表的な5つを紹介する。(2020/3/13)

GraphQLなしのAPI呼び出しは絶望的
専門家が語る、REST APIオンリーの限界とGraphQLを使うべき理由
『GraphQL for Modern Commerce』の著者による、GraphQLのメリットとデメリット。これを読むと、REST APIだけでの開発がいかに絶望的であるかが分かる。(2020/2/28)

「Edge」と「Chrome」 企業が選ぶべきWebブラウザはどちらか【後編】
「Edge」と「Chrome」の“新・ブラウザ戦争”に勝者がいない理由
同じ「Chromium」ベースとなったWebブラウザ「Chrome」と「Microsoft Edge」。企業向け標準Webブラウザの地位を懸けた両者の争いは、何をもたらすのか。(2020/2/24)

岐路に立つオープンソース精神
ライセンス変更によるOSSのクラウド利用制限を巡る懸念
AWSはオープンソースを搾取している。OSS企業のライセンス変更に始まりNew York TimesによるAWS批判記事へと発展した騒動は今、ライセンス変更に対する疑問に進展した。他のOSS企業・団体の意見とは?(2020/2/21)

専門家が語る2020年のクラウド動向【前編】
「Docker」と「説明可能なAI」が2020年のクラウドで注目の理由
2020年に、クラウド市場にはどのような変化が起こるのか。特にコンテナと人工知能(AI)技術に関する動向を予測する。(2020/2/18)

ネットワークは思わぬ「落とし穴」
医療機器をハッキングから守る5つのセキュリティ対策
輸液ポンプや医用画像撮影装置など、医療機器のセキュリティ確保は病院における優先事項だ。医療機器のセキュリティを確保する5つの対策を紹介する。(2020/2/13)

自社で構築するのは大変
Kubernetes向けオープンソース管理ツールスイートSaaS登場
Kubernetesの運用管理に役立つオープンソースツールなどを統合したSaaSが登場した。この環境を独自に構築するのは容易ではない。SaaSとして利用できるなら合理的かもしれない。(2020/2/12)

「Edge」と「Chrome」 企業が選ぶべきWebブラウザはどちらか【前編】
Chromiumベースの新「Edge」がChromeに勝てる“たった一つの条件”
Microsoftが提供を始めた「Microsoft Edge」の新バージョンは、オープンソースの「Chromium」をベースにしている。同じくChromiumベースのGoogle「Chrome」との戦いに勝つために、Edgeに必要な要素とは何か。(2020/2/11)

NYTいわく「AWSはストリップマイニングしている」
オープンソース利用方法の批判報道にAWSが反論「全く筋違いの主張だ」
New York Timesが、AWSはオープンソースプロジェクトに貢献せずに利益だけを得ていると批判する記事を掲載。AWSは「全く筋違いの主張だ」と反論した。(2020/2/7)

「コンテナエスケープ」の脅威と対策【後編】
コンテナ経由でホストを攻撃 「コンテナエスケープ」に備える3大ポイント
コンテナからホストシステムに抜け出す「コンテナエスケープ」を引き起こす脆弱性が、セキュリティ担当者にとって新たな問題となっている。コンテナエスケープによる被害を防ぐ方法を紹介しよう。(2020/2/7)

「GitHub」と上手に付き合う
いまさら聞けない「OSS」はなぜ魅力的で、なぜ手を出しにくいのか?
「オープンソースソフトウェア」(OSS)は一般的に無料でコストメリットに優れるが、採用の際には注意すべき点もある。OSSの長所と短所を正しく見極めることが、導入可否の判断に役立つ。(2020/2/6)

一貫性のあるハイブリッドクラウドを手に入れる
HCIを「クラウドとオンプレをつなぐ存在」という前提で選ぶなら何に注目するか
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、オンプレミスとクラウドいずれの環境でも一貫性のある運用を実現するために不可欠な存在になりつつある。その点を踏まえると、導入検討時に優先すべき要素は何だろうか。(2020/2/6)

ワイン醸造業者が出した答え【後編】
ワイン醸造所がオンプレミス回帰でストレージも刷新 譲れなかった条件とは?
ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、いったんオンプレミスからパブリッククラウドに移したワイン発酵プロセス監視システムのインフラを、オンプレミスに戻した。ただし単純に以前と同じ構成に戻したわけではなかった。(2020/1/17)

ハックしたくなる要素山盛り
独自アプリも実装可能なTensorFlow Lite搭載スマートウォッチ「Bangle.js」
JavaScriptで独自アプリを開発・実装でき、TensorFlow Liteを利用したAIアプリも作れる。ハードウェアは分解も容易。そんな開発者を刺激する要素満載のスマートウォッチとは?(2020/1/15)

「コンテナエスケープ」の脅威と対策【前編】
Dockerも利用する「runc」に重大な脆弱性 何が危険か? 対策は?
主要なコンテナランタイム「runc」に重大な脆弱性が見つかった。攻撃者がこの脆弱性を悪用すると、コンテナ経由でホストシステムの管理者権限を奪える可能性がある。対策はあるのか。(2020/1/10)

結論の明確化に照準
Googleが発表した「説明可能なAI」で実現すること
Googleは、ユーザーがもっと説明可能なAIモデルを開発してデプロイできるようにする新たな製品群「Explainable AI」を発表した。その中身とは(2020/1/9)

ワイン醸造業者が出した答え【前編】
ワイン醸造所がクラウドに移した発酵監視システムをオンプレミスに戻した理由
ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、機械学習によって発酵タンク内の状態を監視するシステムを開発した。パブリッククラウドにデータを保存する仕組みにしたが、問題が発生した。それはどのようなものだったのか。(2020/1/9)

Computer Weekly日本語版
JavaScriptで作ったAIアプリが動くスマートウォッチ登場
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/1/8)

採用時に確認すべきチュートリアル
「サーバレスアーキテクチャ」初心者ガイド まず検討すべき3大要素とは?
サーバレスアーキテクチャは開発チームに大きなメリットをもたらす一方で、採用の際には検討すべき要素が幾つかある。主要な3つの検討要素を紹介しよう。(2019/12/31)

自律的なDevOpsを加速させるために
“伝統的”な環境でデータを守れるか Kubernetesデータ保護の新たな選択肢とは
コンテナ化されたアプリケーションを管理し、スケーリングを“指揮”するテクノロジーとして脚光を浴びるKubernetes。今、世界規模で利用が進んでいるが、本番環境で本格的に利用するには1つ心配な点がある。(2019/12/25)

追加すべき機能は何か
「説明可能なAI」の実現に向けて企業ができること
説明可能なAIシステムを求める声が高まるにつれ、IBMやDarwinAIをはじめとするベンダーは、ビジネスユーザーがAIシステムの仕組みを理解するのに役立つ新機能を導入している。(2019/12/19)

クラウドサービス非依存
「Kubernetes as a Service」とは何か
多くの人がKubernetesのメリットを認識しているが、これを実装するにはスキルとノウハウが必要で、何から手を付ければいいか分からない、という人もいるだろう。(2019/12/19)

知っておきたいGoogle Cloud Platformのサービス5選【前編】
GCPのIaC「Cloud Deployment Manager」とハイブリッドクラウド「Anthos」とは?
Googleは、GCPユーザー向けに便利なサービスを提供している。Infrastructure as Code(IaC)の「Deployment Manager」と、ハイブリッドクラウドを実現する「Anthos」について説明する。(2019/12/18)

速くて安全なDevOpsを実現するために
コンテナアプリのセキュリティ、「シフトレフト」を成功させる方法
自動化を駆使してコンテナアプリのDevOpsサイクルを回すとき、忘れてはならないのがビルド段階からデプロイ後までのライフサイクルを通したセキュリティ対策だ。OpenShiftを採用する場合に一緒に検討すべきポイントを整理する。(2019/12/18)

AWSやMicrosoftも支援する「最も愛される言語」
プログラミング言語「Rust」が「C」「C++」の後継になるこれだけの根拠
Amazon Web Services(AWS)がプログラミング言語「Rust」をシステム開発言語として採用し、支援に乗り出した。MicrosoftもRustを「C」「C++」の代替言語と見なすことを表明し、注目が集まっている。(2019/12/5)

全てオープンソースで提供
「TensorFlow Enterprise」の実力とは? Googleが企業のAI活用を支援
Googleの新しい「TensorFlow Enterprise」(β版)は、「Google Cloud Platform」に最適化された「TensorFlow」ディストリビューションを長期サポートと共に企業に提供する。(2019/11/28)

クラウドは「安い」とは限らない
ひかりTVが「クラウドストレージ」をやめて「オンプレミス」に回帰した理由
映像配信サービス「ひかりTV」を運営するNTTぷららは「Azure Blob Storage」のデータをオンプレミスに移行した。大量のデータをクラウドではなくオンプレミスに置くことを選んだ理由は何だったのか。(2019/12/26)

コンテナ環境の立ち上げを迅速化するには
レガシーシステムのコンテナ移行、経験者が語る「成否を分けた要素」
オープンソースのKubernetesでクラウドネイティブなITインフラを構築・運用するのは、思うほど容易ではない。Kubernetes環境を構築して簡便に運用したいなら、商用ディストリビューションという選択肢もある。(2019/12/24)

SAPが経営陣を刷新、戦略への影響は【前編】
「SAP ECC」から「SAP S/4HANA」への移行が進まない理由
SAPは2019年に経営陣を刷新した。新しい経営陣は同社の提唱する「インテリジェントエンタープライズ」を推し進め、ユーザー企業の「SAP S/4HANA」への移行を促進する必要がある。だが、その道のりは険しい。(2019/11/19)