「Gemini」との違い
なぜ、GoogleはノートPCでも実行可能なAIモデル「Gemma」を発表したのか
Googleが発表した「Gemma」は、オープンソースのAIモデルだ。「Gemini」の開発と同じ技術を使用しているが、例えば「Gemini 1.5 Ultra」と比較するとサイズは小さい。開発の背景には何があるのか。(2024/2/26)

2024年、Googleの生成AI戦略とは【後編】
GoogleはマルチモーダルAI「Gemini」で“シェア拡大”となるか?
Googleは2023年末に発表した生成AI「Gemini」を発表。市場シェア拡大につなげる大きなチャンスとアナリストは見る。同社の戦略を解説する。(2024/2/21)

2024年の「生成AI」市場動向【前編】
「生成AIのこれから」を予測 幻滅期がないなら“次の進化”はこれだ
2024年以降、生成AIはどのような変化を見せるのか。1つ言えるのは、生成AIを他の技術と同様には見れないということだ。これからやってくる動向を予測する。(2024/2/16)

Javaの10個のメリット【第1回】
なぜ「Java」は開発者に好かれるのか? 人気を呼ぶ理由
登場以来、「Java」はさまざまな進化を重ね、アプリケーション開発分野の主要なプログラミング言語であり続けている。Javaのメリットを、「オープンソース」「コミュニティー主導」であることに焦点を合わせて説明する。(2024/2/14)

グリーンコンピューティングの基本
電力消費の無駄をなくすデータセンター「エコ化」の8ステップ
データセンターにおける環境配慮の方針を具現化するためのさまざまな方法がある。現状把握から実践まで、環境とビジネスにメリットをもたらす8つのステップを紹介する。(2024/2/13)

これで分かる「DevSecOps」の課題と解決【第4回】
知らないと損する「RASP」とは? 「Webアプリの脆弱性対策=WAF」はもう古い
Webアプリケーションの脆弱性対策として、広く利用されている「WAF」。実はWAFは、幾つかの問題を抱えている。それらの課題を解消した新たな手段である「RASP」の特徴とは。(2024/2/19)

実践事例に学ぶDXの知恵【第2回】
ドミノ・ピザ、ウォルマートなど「顧客視点DX」を追求した企業の実践例3選
普段から利用するあの店の便利さはどこから来ているのだろうか。大手ピザデリバリーチェーンやスーパーマーケットの事例から、DX実践の学びを探る。(2024/2/9)

マルチクラウド時代になぜOSSが重要なのか【第3回】
「OSS」は企業に何をもたらすのか? プロプライエタリとは違う4つの特性
OSSは企業にとって、認識しているか認識していないかにかかわらず、極めて“身近な存在”になった。OSSは企業に何をもたらすのか。その存在意義を、4つの視点で改めて考えてみよう。(2024/2/14)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「Vim」が愛され続ける理由と、サンプルで学ぶ使い方
「Linux」の標準テキストエディタとして根強い人気のあるのが「Vim」だ。初心者にとってはなじみにくいVimを、使い勝手の良いツールにするためのコマンドやカスタマイズを学ぼう。(2024/2/8)

AI生成コンテンツを見分けられるか?【第4回】
AI検出は「ChatGPTの文」をどこまで見抜けるのか? 複数ツールで試してみた
コンテンツがAI製なのか、人間製なのかを判別するための「AIコンテンツ検出ツール」がある。その実力はどうなのか。OpenAIをはじめ、複数のベンダーが提供する検出ツールを実際に使ってみた。(2024/2/3)

SBOM「3つのフォーマット」を比較【後編】
SBOMフォーマット「SWID Tag」は「CycloneDX」や「SPDX」と何が違う?
「SBOM」(Software Bill of Materials)の複数のフォーマットの中で、「SWID Tag」は他のものと少し位置付けが違う。CycloneDX、SPDXとは何が異なるのか。利用するメリットとは。(2024/2/1)

Open RANの未来は明るいか【後編】
通信事業者が「5G」に苦戦する中でも「Open RAN」には期待できる訳
調査会社Dell'Oro Groupによれば、Open RAN市場の売上高が減少に転じた。通信事業者が5Gのビジネスに苦戦しているという声も聞こえてくる。今後はどうなるのか。(2024/1/29)

無償版「RHEL」が使えなくなる?
「CentOS Linux」の終了だけじゃなく「移行先が決まらない」のが大問題?
Red Hatは「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)の無償版である「CentOS」を廃止し、「CentOS Stream」を提供開始した。CentOS Streamに移行する以外の選択肢はあるのか。(2024/1/27)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
C++でもRustでもないプログラミング言語「Carbon」とは?
「Carbon」は、Googleが開発したプログラミング言語だ。その目的は「C++」が抱える問題を解消することにある。CarbonはC++やその他のプログラミング言語と何が違い、どのような場面で役立つ可能性があるのか。(2024/1/25)

SBOM「3つのフォーマット」を比較【中編】
ソフトウェア部品表「SBOM」のフォーマットとは? 国際標準「SPDX」の中身
「SBOM」(Software Bill of Materials)を使うことで、セキュリティの向上を図ることができる。そのフォーマットの一つとして「SPDX」がある。これはどのようなフォーマットで、何ができるのか。(2024/1/25)

5GとOpen RANの未来は明るいか【前編】
Open RAN市場失速、それでも「5G事業者」はなぜ“オープン”を求めるのか
「5G」のネットワークインフラを「Open RAN」で構成することでどのようなメリットが見込めるのか。Open RANとは何かについて、Open RAN市場の動向と併せて説明する。(2024/1/22)

HaskellとPureScript【前編】
「Haskell」は何ができるプログラミング言語? 4つの特徴とは
「Haskell」は、シンプルな構文ながらも強力な型システムを備えるプログラミング言語だ。Haskellが持つ4つの特徴「遅延評価」「不変性」「厳密な型」「モナド」を解説する。(2024/1/20)

英国のスパコン事情
英国スパコンの気になるスペック 「Dawn」と「Isambard-AI」は何がすごい?
英国政府は、ケンブリッジ大学の「Dawn」とブリストル大学の「Isambard-AI」というスーパーコンピュータに研究開発に資金を投入し、AI技術研究を推進している。気になるスペックは。(2024/1/19)

Androidの断片化を克服する【後編】
モバイルOS「Android」にリスクがある理由と“危険にしない”方法
Androidを搭載したデバイスにはさまざまな種類があるため、IT部門にとっては管理が複雑になる。セキュリティのリスクが生じる問題もある。IT部門が取るべき対策とは。(2024/1/19)

米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【後編】
数カ月を要した脆弱性対策をたった1日で――「遅い」を払拭した政府機関の改革
政府機関は腰が重い――。そのイメージを、米国特許商標庁(USPTO)はデジタル変革を通じて払拭した。具体的に何を変えたのか。組織面から成功のポイントを考える。(2024/1/19)

SBOM「3つのフォーマット」を比較【前編】
ソフトウェア部品表「SBOM」は1つじゃない 「CycloneDX」とは何か?
企業はSBOM(Software Bill of Materials)を利用したソフトウェア管理によってセキュリティを強化することができる。SBOMにはどのようなフォーマットがあるのか。(2024/1/16)

Androidの断片化を克服する【前編】
大人気の「Android」が“危ないモバイルOS”になるのはなぜ?
オープンソースであるAndroidは、さまざまなデバイスにカスタマイズされて導入される。こうした多様性はメリットであると同時に、リスクを招く要因にもなる。なぜなのか。(2024/1/12)

「AI向けプロセッサ」の競争激化【前編】
GPUより「APU」「TPU」こそ面白い理由とは? Geminiだけじゃなかった
AI向けのプロセッサ市場で支配的な立ち位置を築いてきた半導体ベンダーはNVIDIAだ。そこにAdvanced Micro Devices(AMD)とGoogleが、新たなプロセッサを携えてやって来る。その影響とは。(2024/1/7)

ランサムウェア攻撃集団Rhysidaの手口
英王室の医療情報を狙ったランサムウェア攻撃集団Rhysida 医療データを公開か
ランサムウェア攻撃集団Rhysidaが、英王室と縁の深い病院に攻撃を仕掛けた。報道によるとRhysidaは、王室の医療データと引き換えに身代金を要求している。被害の全容と攻撃の手口は。(2023/12/27)

ついに完了した大型買収
「BroadcomによるVMware買収」は何の始まりなのか?
BroadcomによるVMwareの買収がついに完了した。今後Broadcomはどのような戦略を取るのか。VMware買収により何が始まるのか。(2023/12/26)

TechTarget発 世界のITニュース
東南アジア言語に特化した大規模言語モデルを提供開始、Alibaba 対応言語は?
Alibabaは、東南アジアのさまざまな言語を処理できる新しいLLM「SeaLLM」の提供を開始した。(2023/12/26)

「データセキュリティ」は誰の問題か【第3回】
一昔前とはまるで違う「システム停止」の現実 まず“あれ”を見直すべし
システムエラーやランサムウェア攻撃の影響が広範に及ぶ例から分かる通り、現代の企業活動の根幹は情報システムに支えられている。システムやデータの保護において求められていることとは。(2023/12/22)

iPhoneとAndroidのスマートフォンを比較【第2回】
「iPhone」と「Android」の違いが分かる“なるほどの選び方”とは
「iPhone」と「Android」端末には、利用できるアプリケーションに大きな違いはない。ただし両者には根本的な違いが幾つかある。どちらかを選択する際は何を見ればよいのか。重要な観点から比較する。(2023/12/23)

クラウドで加速する生成AI活用【中編】
「Amazon Bedrock」だけじゃない AWSで「生成AI」を使いこなす方法を深掘り
AWSは生成AIの基盤モデルを提供しているが、オープンソースや自社開発の基盤モデルは使えるのか。他システムで使っているデータを学習させることは可能なのか。(2023/12/22)

iPhoneとAndroidのスマートフォンを比較【第1回】
「iPhone」と「Android」が“全く別物”であるこれだけの違い
Appleの「iOS」とGoogleの「Android」を搭載したスマートフォンには、さまざまな違いがあり、それはスマートフォンを選ぶ際の欠かせない視点になる。iPhoneとAndroid端末は根本的に何が異なるのか。(2023/12/16)

C++からの移行先になる?【後編】
プログラミング言語「Carbon」がC++ともRustとも違う点はこれだ
「Carbon」は、「C++」の特徴を受け継ぐプログラミング言語として開発されており、「Rust」とも対比されることがある。Carbonは「C++」や「Rust」とは何が違うのか。(2023/12/13)

マルチクラウド時代になぜOSSが重要なのか【第2回】
マルチクラウドが「もう当然」だからこそ陥る“3大問題”とは
企業は自社のIT戦略により適したシステムを構築するために、マルチクラウドなど複数ベンダーの製品・サービスの利用を重視するようになりました。マルチクラウドを採用する上での注意点を紹介します。(2023/12/18)

C++からの移行先になる?【前編】
プログラミング言語「Carbon」は「C++」より何が優れているのか
「Carbon」は、「C++」を基盤とした実験的なプログラミング言語だ。C++から進化した特徴や、現時点での制限など、Carbonの概要を紹介する。(2023/12/8)

マルチクラウド時代になぜOSSが重要なのか【第1回】
企業が“シングルベンダー”ではなく「マルチクラウド」を信奉し始めた理由
企業のシステムでは、複数のクラウドサービスを併用する「マルチクラウド」の採用が進んでいます。システムを複雑化させるマルチクラウドを、企業が重視するようになったのはなぜでしょうか。(2023/12/11)

生物多様性にAIはどう役立つか【後編】
「オープンソースのAIモデル」は使えたのか? 英鉄道会社が“生態系”を分析
英国の鉄道事業者とロンドン動物学会は人工知能(AI)技術を活用した生物多様性の改善に取り組んでいる。AI技術を活用するにはデータと機械学習モデルが必要だ。どう用意したのか。(2023/12/5)

SASトークンが「GitHub」に流出【前編】
Microsoftの「丸見えになったストレージ」は“機密情報だらけ”だった?
AI技術は、Microsoftにとっては“肝いり”の分野だ。それに関連した取り組みの中で、同社内部のストレージにアクセスできる情報を、同社が誤って「GitHub」に公開していた事態が明るみに出た。その影響とは。(2023/12/4)

データ分析ニュースフラッシュ
Google DeepMindのOSSを「AI創薬」に使う中外製薬 その理由は?
創薬プロセスにAIツールを活用する中外製薬の事例や、生成AIのハルシネーションを解決する大阪市の取り組み、日本オラクルのAI戦略など、AI技術関連の主要なニュースを紹介する。(2023/11/30)

iOSはAndroidより安全なのか【後編】
「iOS」でも「Android」でも攻撃される隙を与えない“3大ルール”とは
モバイルOSを利用する際は、どのモバイルOSを利用するかよりも、どのように安全策を講じるかが重要だ。「iOS」と「Android」の安全利用につながる、セキュリティの注意点とは。(2023/11/30)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
AI開発・運用基盤構築の成功には何が必要か? OSSやハードウェアはどうする? 「Mr.GPU」に聞く 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/11/29)

AI市場で勝負するAMD【後編】
AMDがNVIDIAの「GPU独壇場」をぶち壊す単純なシナリオ
人工知能(AI)技術の市場で注目を集めるGPUベンダーNVIDIAに対して、同業AMDが対抗するための軸はオープンさになる可能性がある。猛追するAMDに勝算はあるのか。(2023/11/27)

iOSはAndroidより安全なのか【前編】
「iPhone」が「Android」端末より絶対に安全とは言い切れない理由
モバイルデバイス導入に当たり、企業は安全性を確保するために「iOS」と「Android」の何に着目すればいいのか。どちらが安全なのか答えを出すのは簡単ではないが、セキュリティの観点から両OSを比べてみた。(2023/11/24)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
CでもC++でもなく「Go」「Rust」を使いたくなる理由
プログラミング言語「Go」「Rust」には、開発分野で昔から使われている「C」「C++」といったプログラミング言語にはない、さまざまな機能がある。GoとRustそれぞれの機能と利点、欠点をまとめた。(2023/11/23)

iPhone/iPadとAndroidのプライバシー比較【第3回】
Android端末の「仕事用プロファイル」などプライバシーの便利機能
業務で「Android」搭載デバイスを利用する上では、さまざまな機能や仕組みをエンドユーザーのプライバシー保護に活用できる。プライバシー保護という観点から見た、Androidの役立つ機能とデメリットとは。(2023/11/19)

ロシア系ハッカー集団「Storm-0978」の手口【前編】
WordなどMicrosoft製品を悪用する「Storm-0978」の恐ろしい手口とは
2023年夏頃からロシア系サイバー犯罪集団「Storm-0978」の攻撃活動が盛んだ。特に注意が必要なのはMicrosoft製品のユーザー企業だ。Storm-0978はどのような攻撃を仕掛けているのか。(2023/11/17)

生成AIの不安はやや解消?
“クリエイター泣かせ”ではない「画像生成AI」は何がうれしいのか?
Getty Imagesが発表した生成AIツールは、著作権にまつわるアーティストや企業の懸念を解消できる可能性がある。それはなぜなのか。具体的な特徴と併せて見てみよう。(2023/11/16)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
JavaScriptの代わりでも後継でもない「TypeScript」の“真の役割”
「JavaScript」と「TypeScript」は、Webアプリケーション開発に欠かせないコンピュータ言語だ。両者の共通点や違い、お互いに対する役割とは何か。(2023/11/9)

「AIの開発中断」要請は正しいのか【前編】
「GPT-4超えのAI開発を中断せよ」との要請が浴びた“当然の反発”
AI技術が急成長を遂げる中、非営利団体がAI技術の開発を6カ月間停止するよう求める書簡を公開した。これに賛同する著名人がいる一方、要請を「実現不可能」だと考える専門家の意見とは。(2023/10/31)

プログラミングのこれまでとこれから【第4回】
大人気になるプログラマーやエンジニア職「10選」はこれだ
世界的な不況が起きても、プログラマーやエンジニアなど技術職の雇用市場は活況だ。その中でもこれから特に需要が高まり、“引く手あまた”になる職種「10選」と、その仕事を紹介する。(2023/10/30)

研究開発で分かるSSDの挑戦【第4回】
普通のSSDとは全然違う「CXL接続SSD」の実力 あのOptaneより速い?
SSDにインターコネクト(相互接続)規格の「CXL」を使用するための研究開発が進んでいる。Samsung Electronicsやキオクシアが公表している取り組みから、そのCXL接続SSDとは何かを探る。(2023/10/27)

プログラミングのこれまでとこれから【第3回】
人気のプログラミング言語「7種」の特徴とそれぞれの違い
プログラミング言語にはどのような種類があり、それぞれどのような特徴や歴史を持つのか。7つの主要プログラミング言語とその基礎知識を紹介する。(2023/10/23)