2018年03月15日 09時00分 公開
特集/連載

デバイスからデータセンターまでを網羅JavaがIoTアプリケーション開発に最適である8つの理由 (1/2)

企業は近年、事業の質の向上とコスト効率化を両立できる新たな技術を常に探している。Javaベースのソフトウェアやアプリケーションは、企業がこうした価値を実現する上で役に立つ。

[Ritesh Mehta,TechTarget]
画像 最新技術にも活用、Javaの底力とは

 Javaは環境に依存しないプログラミング言語だ。Webアプリケーションから、クライアントやサーバ、クラウド、モバイル、エンタープライズまで、あらゆる種類のアプリケーションの開発に利用できる。標準的なプログラミング言語として、世界中で人気を博している。企業はイノベーションの推進やコスト削減、サービスの充実などを目指し、アプリケーション開発にJavaを採用している。

IoTの台頭

 モノのインターネット(IoT)とM2M(Machine to Machine)のエコシステムは目下、ビッグデータやクラウドとの融合を図る段階にある。そのために必要なのは、Javaを使った「デバイスからデータセンターまで」シームレスに動作する情報基盤だ。Oracleが提供するセキュアで包括的な統合基盤を利用すれば、あらゆる業種に有効なIoTアーキテクチャを構築できる。その主な特徴は以下の通りだ。

  • 市場投入までの時間の短縮
  • 何百万台ものデバイスへのリアルタイムな対応
  • ITシステムの統合
  • エンドツーエンドのセキュリティ
  • グローバルで強固なパートナーエコシステム
  • エンドツーエンドの相互運用性とライフサイクル管理

JavaはIoTに最適なプログラミング言語

 Javaは今でも開発者に人気があり、世界で最も使われているプログラミング言語の1つだ。世界には何百万人ものJava開発者がいる。実はJavaはIoTアプリケーション開発に最適な言語だ。OracleはJavaの最大の利点として、アプリケーションコードの安定性を挙げる。C言語がメモリ参照に明示的なポインタを使用するのに対し、Javaのオブジェクト参照は全て、アプリケーションコードでは操作できない暗黙的なポインタを使用する。そのためメモリアクセス違反など、アプリケーションが突然停止する原因になりかねない潜在的な問題を自動的に排除できる。

多くの開発者がIoTゲートウェイにJavaを採用

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。