「プライベートクラウド」への移行に失敗しないためにまず何をすべきかプライベートクラウドへの移行計画の立て方【前編】

プライベートクラウドへのアプリケーションの移行を実行する際は、移行計画の策定が不可欠だ。移行を円滑に進めるために踏むべき手順を説明する。

2020年05月18日 05時00分 公開
[Alan R. EarlsTechTarget]

 リソースの管理性向上やセキュリティの強化、事業継続性の確保を進めたい企業にとってITインフラの選択肢となるのが、特定のユーザー企業専用のクラウドである「プライベートクラウド」だ。プライベートクラウドは、複数の企業が共用するクラウドである「パブリッククラウド」と比べ、自社のニーズに合わせて仕様を変更しやすい。

 調査会社IDCでアナリストを務めるシュリラーム・スブラマニアン氏によると、プライベートクラウドの構築を妨げる要因としてよく挙がるのは、社内の専門知識不足だという。その結果、サードパーティーのシステムインテグレーター(SIer)にプライベートクラウドの構築と運用を依頼する企業は少なくない。「プライベートクラウドを構築するには、自社で専門知識を持つ人材を育成するか、専門知識を持ったパートナー企業のサービスを利用しなければならない」とスブラマニアン氏は述べる。

 独自にプライベートクラウドを構築するにせよ、システムインテグレーターの協力を仰ぐにせよ、アプリケーションをプライベートクラウドに移行するときには、手順にそって進める必要がある。

プライベートクラウドに移行するための賢い手順

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...