2020年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

Googleが買収したCornerstoneとは? メインフレームアプリをクラウドへGoogle Cloud Platformのメインフレーム戦略【前編】

Googleはメインフレームからクラウドへの移行を手掛けるCornerstone Technologyを買収した。Cornerstoneはどのようなベンダーで、「Google Cloud Platform」(GCP)に何をもたらすのか。

[Ed Scannell,TechTarget]

 Googleはパブリッククラウド「Google Cloud Platform」(GCP)の大企業ユーザー企業を増やすことに意欲を見せている。2020年2月には、メインフレームで実行しているアプリケーションのパブリッククラウドへの移行を専門とするオランダのCornerstone Technologyを買収した。

 1989年設立のCornerstoneは、メインフレームのアプリケーションをオープン系サーバに移行するためのロードマップの策定に加え、言語やデータベースの変換サービスといったメインフレームデータ移行技術を提供している。

 メインフレームのアプリケーションは一般的に、企業にとって重要だ。こうしたアプリケーションは、COBOLやアセンブリといった旧式のプログラミング言語で開発されていることが少なくない。

Cornerstoneのノウハウでメインフレームアプリをクラウドへ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...