2020年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

Googleが買収したCornerstoneとは? メインフレームアプリをクラウドへGoogle Cloud Platformのメインフレーム戦略【前編】

Googleはメインフレームからクラウドへの移行を手掛けるCornerstone Technologyを買収した。Cornerstoneはどのようなベンダーで、「Google Cloud Platform」(GCP)に何をもたらすのか。

[Ed Scannell,TechTarget]

 Googleはパブリッククラウド「Google Cloud Platform」(GCP)の大企業ユーザー企業を増やすことに意欲を見せている。2020年2月には、メインフレームで実行しているアプリケーションのパブリッククラウドへの移行を専門とするオランダのCornerstone Technologyを買収した。

 1989年設立のCornerstoneは、メインフレームのアプリケーションをオープン系サーバに移行するためのロードマップの策定に加え、言語やデータベースの変換サービスといったメインフレームデータ移行技術を提供している。

 メインフレームのアプリケーションは一般的に、企業にとって重要だ。こうしたアプリケーションは、COBOLやアセンブリといった旧式のプログラミング言語で開発されていることが少なくない。

Cornerstoneのノウハウでメインフレームアプリをクラウドへ

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。

news087.jpg

「Tableau 2021.1」の強化ポイントと新コンセプト「ビジネスサイエンス」について
「拡張アナリティクス」から「ビジネスサイエンス」へ。Tableau Softwareは記者説明会を...

news121.jpg

セールスフォース×Snowflake×Amplitude 日本法人のキーパーソンが「グロースマーケティング」を語る
顧客の行動を理解し、的確な目標・指標を設計して高速に施策を繰り返す「グロースマーケ...