2020年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

Googleが買収したCornerstoneとは? メインフレームアプリをクラウドへGoogle Cloud Platformのメインフレーム戦略【前編】

Googleはメインフレームからクラウドへの移行を手掛けるCornerstone Technologyを買収した。Cornerstoneはどのようなベンダーで、「Google Cloud Platform」(GCP)に何をもたらすのか。

[Ed Scannell,TechTarget]

 Googleはパブリッククラウド「Google Cloud Platform」(GCP)の大企業ユーザー企業を増やすことに意欲を見せている。2020年2月には、メインフレームで実行しているアプリケーションのパブリッククラウドへの移行を専門とするオランダのCornerstone Technologyを買収した。

 1989年設立のCornerstoneは、メインフレームのアプリケーションをオープン系サーバに移行するためのロードマップの策定に加え、言語やデータベースの変換サービスといったメインフレームデータ移行技術を提供している。

 メインフレームのアプリケーションは一般的に、企業にとって重要だ。こうしたアプリケーションは、COBOLやアセンブリといった旧式のプログラミング言語で開発されていることが少なくない。

Cornerstoneのノウハウでメインフレームアプリをクラウドへ

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...