2020年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

「IoTセンサー」と「自動機械学習」(AutoML)が森林火災検知に一役買うチリで実用化

Entel Oceanは、IoTセンサーとDataRobotの自動機械学習(AutoML)製品を使用して、チリの森林火災を自動的に検知している。人よりも迅速に火災を検知できる、その仕組みとは。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

IoT(Internet of Things) | 機械学習


 2017年1月、南米のチリ全土で連続山火事が発生した。火災により少なくとも11人が死亡。4000平方キロ以上が焼失し、チリ政府は対応に数億ドルを要した。

 この火災は、近代のチリにおける最悪の災害の一つとなった。一方で、チリでは山火事の発生は日常茶飯事でもある。山火事を防止するために政府はテクノロジーベンダーのEntel Oceanを頼った。同社は人工知能(AI)技術を使用した山火事の防止と検知を得意としている。

チリの火災検知

 チリ最大の通信事業者であるEntel(Empresa Nacional de Telecomunicaciones)のデジタル部門がEntel Oceanだ。Entel Oceanは、クラウド、アナリティクス、IoT(モノのインターネット)など、さまざまな製品・サービスを提供する。

 Entel Oceanはチリ政府と協力して、チリの森林の一部にIoT(モノのインターネット)センサーを設置し、火災の検知と予測の対策を支援した。同社のサービス部門マネジャーであるレオノール・フェレブス氏は、同社で「鼻」と呼ばれるIoTセンサーが、湿度や温度、特定の物質の濃度など、周囲のさまざまなデータを収集すると説明する。

 IoTセンサーは、収集した情報をEntel OceanのIoTプラットフォームに送信する。同社はIoTセンサーが収集したデータを使用し、予測分析と機械学習によって森林火災が発生する可能性を特定する。小規模火災であっても森林火災が発生しているかどうかを特定できる。

 Entel Oceanが開発したこの火災検知システムは、森林の監視塔から人が発煙に目を光らせる従来の方法よりも12分早く出火の検知を可能にする。

自動機械学習とIoTセンサーで素早い検知を実現

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。