2020年04月16日 05時00分 公開
特集/連載

開発者向けクラウド「DigitalOcean」と“謎のクラウド”「Alibaba Cloud」とは「ビッグスリー」以外のクラウドサービス4種類を比較【後編】

クラウドサービスの中には、小規模ながら特定の機能や用途に注力した「ニッチクラウド」が存在する。ニッチクラウドの中から「DigitalOcean」と「Alibaba Cloud」について詳しく説明する。

[Alan R. Earls,TechTarget]

 クラウドサービスを提供しているのは、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft、GoogleのGoogleといった「ビッグスリー」と呼ばれる大手クラウドベンダーだけではない。小規模ながら用途に特化した「ニッチクラウド」を提供するベンダーも存在する。

 前編「『AWS』『Azure』『GCP』だけからクラウドサービスを選ぶべきではない理由」と中編「AWS、Azure、GCPではなく『IBM Cloud』『Oracle Cloud』を選ぶべき理由と課題」に続く本稿では、ニッチクラウドの中から、DigitalOceanの同名サービスと、Alibaba Cloudの同名サービスの長所と短所、最新の動向を詳しく説明する。

DigitalOcean

 DigitalOceanは同社が提供するクラウドサービス群に、クラウドマネージドデータベースサービスの「Managed Databases」を新しく追加した。同サービスではオブジェクト関係データベース管理システム(ORDBMS)「PostgreSQL」とインメモリデータストア「Redis」を利用できるため、これらのデータの管理に伴う問題を減らすことができる。最終的な利用料金が予測可能な料金体系も用意している。

 ITコンサルティング会社Forrester Researchでアナリストを務めるデイブ・バルトレッティ氏は「DigitalOceanはインフラを自ら設定したいと考える開発者を重視しており、ターゲットが限られている」と話す。だ。「DigitalOceanについて耳にしたことがある人は、企業のエンドユーザーには多くないだろう」(バルトレッティ氏)

Alibaba Cloud

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...