2018年05月04日 05時00分 公開
特集/連載

格安航空会社に似ている?IaaSのダークホース「Alibaba Cloud」分析、ビッグスリーの競合となるか

AlibabaがIaaS市場での勢いを増し続けている。一部のライバルほど幅広いサービスを提供しているわけでもないのに、一部の小企業がAWSからの乗り換えを検討し始めている。

[David Linthicum,TechTarget]

 「Amazon Web Service」(AWS)、「Microsoft Azure」(Azure)、「Google Cloud Platform」(GCP)がパブリッククラウドの「ビッグスリー」であることはほぼ認知されている。だが、このレースにダークホースが登場した。それが「Alibaba Cloud」だ。企業の購入担当者はこのダークホースに関心を寄せ始めている。

 2017年にGartnerが公開したデータによると、Alibaba Cloudは2016年のInfrastructure as a Service(IaaS)の世界市場シェアにおいてGCPを上回ったという。同社のデータでは、収益成長率の点で、Alibaba Cloudの売り上げは2015年の2億9800万ドルから6億7500万ドルへと126.5%の急増を見せている。

 Alibaba Cloudの顧客の大半は中国を拠点とする。ただし、その中国経済だけが同サービスを押し上げているのではない。

AlibabaとAWSの比較

 Alibaba Cloudの特徴は簡単に説明できる。コンピューティング、ネットワーキング、ストレージなど、IaaSのコアサービスを提供する。ストレージには、オブジェクトストレージサービス(AWSの「Amazon S3」に類似)やテーブルストレージを含む。ハイエンドサービスも幾つか提供する。Dockerコンテナを実行する機能などがその例だ。また、自社の「ApsaraDB for RDS」、オープンソースの「MongoDB」「Redis」などのデータベースサービスも提供する。この点もAWS製品に似ている。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

夫婦で共用するものとしないものの境界線――プラネット調べ
11月22日は「いい夫婦の日」。ハンドタオルは夫婦で共有するけれどバスタオルは? 寝室...

news156.jpg

若者はなぜ「ライブ動画」を視聴するのか――ライムライト・ネットワークス・ジャパン調べ
ライムライト・ネットワークス・ジャパンがコンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表...

news003.jpg

日本で取り組むセールスイネーブルメントと今後の展望
セールスイネーブルメントの概念や代表的なツールについて2回にわたって紹介してきました...