2020年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 10X」と今までのWindowsの違い デュアル画面向けの特徴は?「Windows 10X」の正体【中編】

デュアルディスプレイ搭載デバイス向けのOSである「Windows 10X」。これまでの「Windows」とどのような違いがあるのだろうか。個別の機能に焦点を当てて考える。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

Windows | OS | ビジネスPC


 Microsoftが2020年秋の一般提供開始を計画する、「Windows」の新バージョン「Windows 10X」。デュアルディスプレイ搭載デバイス向けのOSであること以外に、これまでのWindowsとはどのような違いがあるのだろうか。

Windows 10Xのデバイス管理機能

 Windows 10Xが搭載するデバイス機能は、Windows 10とは異なるものになる見込みだ。通常のWindows搭載デバイス管理用のツールを利用して、Windows 10X搭載デバイスも管理できるかどうかはまだ分からない。専門家の間では、Windows 10Xは主にMicrosoftが提供するクラウドベースのモバイルデバイス管理ツール「Microsoft Intune」によって管理することになるという意見でおおむね一致している。

 デバイス管理の機能がどの程度サードパーティー製の管理ツール向けに開かれるのかはまだ分からない。調査会社Gartnerでアナリストを務めるスティーブ・クレインハンズ氏は「サードパーティーの管理ツール向けに広く公開される可能性もあるが、限定的になる公算が大きい」と予測する。

モバイルデバイス並みの管理のしやすさ、セキュリティ対策

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

「新しい出会いや人とのつながりを大切に感じるようになった」人が7割――Sansan調査
新型コロナウイルスの影響で、これまでのように気軽に出会えないことが、ビジネスパーソ...

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...

news174.jpg

Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」...