2020年04月14日 08時30分 公開
特集/連載

新型コロナウイルス感染拡大でNAND型フラッシュメモリの価格はどう動く?新型コロナがメモリ市場に与える影響【前編】

新型コロナウイルスの感染拡大でNAND型フラッシュメモリの需要が低迷すると専門家は予測する。各社が設備投資を積極化させてきた中で、NAND型フラッシュメモリの価格にはどのような影響があるのだろうか。

[Carol Sliwa,TechTarget]

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染が広がることでNAND型フラッシュメモリの需要が落ち込み、価格に影響を及ぼす可能性があるとアナリストは予測する。

 NAND型フラッシュメモリの価格は2020年に入って上昇傾向にあった。しかしアナリストの中には、新型コロナウイルスの感染が広がってスマートフォンをはじめとした半導体チップを搭載するデバイスの出荷台数が減少すれば、NAND型フラッシュメモリの価格が下落すると指摘する声がある。一方でNAND型フラッシュメモリの価格への影響は限定的になるという見方もある。大規模なデータセンターを運営する企業、サーバやストレージを扱うベンダーは、NAND型フラッシュメモリ搭載製品の調達を計画する上で、予測が難しい状況に置かれている。

 「2020年後半にかけてNAND型フラッシュメモリの価格が安定するという予測は全て白紙になった」。調査会社TRENDFOCUSの副社長を務めるドン・ジャネット氏はそう語る。

NAND型フラッシュメモリは値上がりするのか、値下がりするのか

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...