2020年01月28日 05時00分 公開
特集/連載

LAN同士をつなぐのはどっち?いまさら聞けない「ブリッジ」と「スイッチ」の違いとは?

LANを構成する「ブリッジ」と「スイッチ」には機能面で明確な違いがある。LANを理解する上で欠かせないこれら2つの違いについて解説する。

[John Fruehe,TechTarget]

 基本的なネットワーク機器に「ブリッジ」と「スイッチ」がある。ブリッジは同一ネットワーク内の2つのセグメントをつなぐために使われる。スイッチは複数のクライアント(デバイス)が接続するマルチポートのブリッジで、ネットワーク内のパケットの経路を選択する。

 スイッチはブリッジの一種だと言えるが、ブリッジは全てがスイッチではない。スイッチとブリッジは何が違うのか。本稿はLANを理解するための基礎となるブリッジとスイッチの違いを解説する。

ブリッジの基本

 まずブリッジについて説明しよう。ブリッジはパケットを調べ、その宛先が同じセグメント内にあるか、その先に接続された別のセグメント内にあるかを判別する。宛先が同じセグメント内にあると分かった場合は、その宛先にパケットを送信する。宛先が相互接続した別のセグメントにあることが分かった場合は、対象のセグメントにパケットを転送する。後者の場合、転送先のセグメントが複数あっても問題ない。

 ブリッジは全てのクライアントに対してパケットを送信し、目的地のクライアントだけがそのパケットを受け取る。ブリッジはどのMACアドレスがどのセグメントに存在するかを学習し、MACアドレスとセグメントを対照させるテーブルを作成する。それに従ってパケットを正しいセグメントに転送する。

 相互接続したセグメント間では、ブリッジはパケットを全ての宛先にブロードキャスト(一斉送信)する。そのためセグメントの規模が大きくなればなるほど、セグメント内に不要なトラフィックが増えることになる。こうした理由から、インターネットのような大規模ネットワークではクライアントごとにアドレスを割り当てる方式を採用している。この方式ではパケットを全方向に転送するのではなく、一方向のみに転送する。

画像 図 ブリッジとスイッチの違い

スイッチの基本

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...