2019年05月28日 05時00分 公開
特集/連載

独自スイッチ「Minipack」との違いはFacebookがAristaとスイッチ「7368X4」を共同開発 その意味とは?

Facebookが発表したデータセンター刷新の計画には、2つの新しいネットワークスイッチが含まれている。Arista Networksと共同開発した「Minipack」と「7368X4」だ。

[Antone Gonsalves,TechTarget]
画像

 Facebookは、業界団体Open Compute Project(OCP)の年次イベント「2019 OCP Global Summit」で、開発に2年を要した「F16」と呼ぶファブリック(ネットワークリソースの運用効率向上を目指した構成手法)の最新の設計を公表した。Facebookの提唱によって立ち上がったOCPは、データセンター向けハードウェアの設計をオープン化することを目的とする組織だ。

 Facebookはファブリックのコンポーネントとして、独自に設計した「Minipack」と、Arista Networksが提供する「Arista 7368X4」シリーズの2つのネットワークスイッチを共同で開発し、発表した。FacebookとArista Networksは、これらのネットワークスイッチの仕様をOCPに提供し、オープンソーステクノロジーとして利用可能にした。

 Arista Networksは同社のネットワークOS(NOS)である「Arista EOS」、またはFacebookが開発したオープンソースのNOSである「FBOSS」を7368X4と併せて提供する。

共同開発の狙いとは

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。