コンポーザブルインフラの登場【後編】
今すぐコンポーザブルインフラに手を出すべきではない理由
コンポーザブルインフラによってコンピュータのあらゆる構成要素を動的に再構成できるようになれば、ワークロードに最適なリソースを割り当てられるようになる。だがデメリットもある。(2020/6/1)

2021年にはシェアの半分を占めると予想
企業利用が浸透しつつあるNVMeフラッシュストレージ、今後の展開は?
ハイパースケールデータセンターはNVMeフラッシュの早期導入者(アーリーアダプター)だ。ベンダー各社も今後数年でフラッシュデバイスとNVMeファブリックの普及をさらに進める計画を立てている。(2019/4/2)

核心的テクノロジーに注目
2019年注目のストレージスタートアップ“えりすぐりの9社”
ストレージのスタートアップ企業は、成功するよりも失敗に終わる可能性が高い。それでも、意欲のある企業がクラウド、バックアップ、コンバージェンス、フラッシュの革新的テクノロジーに挑んでいる。(2019/3/20)

ファイル、ブロック、オブジェクト
いまさら聞けない「SAN」と「NAS」 アーキテクチャで読み解く、その違いとは
なじみ深いSANとNASだがその違いを明確に理解できているだろうか。本稿では扱うデータの種類やアーキテクチャの観点から違いを読み解いてみる。新たに台頭するさまざまなストレージたちについても紹介するので参考にしてほしい。(2018/12/14)

ベンダー発表の性能は信じられるのか
フラッシュストレージの最適解「共有DAS」、本当に性能は向上するのか?
フラッシュストレージの性能を引き出すNVMe。ストレージを効率的に運用する共有ストレージ。両者の融合が共有DASだ。ベンダーはとてつもなく高いIOPS値をアピールするが、本当だろうか?(2017/6/27)

会員が注目した2016年記事ランキング(ネットワーク編)
「802.11ac Wave2」に注目、ネットワーク仮想化の課題と可能性に依然として高い関心
TechTargetジャパンの専門メディア「ネットワーク」で2016年にアクセスが多かった記事の傾向から、需要動向を振り返り、2017年の流れを予測します。(2016/12/30)

仮想化、クラウド時代のサーバOS
熟成されたサーバOS「Windows Server 2016」の全貌
ついに登場した「Windows Server 2016」。大幅に改善、強化された各種機能と仕様を紹介する。(2016/11/21)

普及を阻むのはベンダーの独善的拙速
「シンプルなファブリック」でSDNは「2016年こそ本当に」離陸できるのか
「企業はメリットのないものを決して導入しない」「従来技術によるネットワークアーキテクチャは終わりを迎えようとしている」と語るネットワーク技術者が、SDNが普及するために必要な条件を示す。(2016/6/15)

新旧ベンダーがしのぎを削る
“無印”ネットワークスイッチ流行の兆し? 注目8社の製品動向
ネットワークスイッチのメーカーには、台湾などのODMベンダーだけでなく、有名企業も参入し、選択肢が広がってきている。8社の製品動向に注目し、市場の勢力図を見据えてほしい。(2015/11/26)

OpenDaylight準拠のSDNコントローラーと連係
“隠れFacebookユーザー”もあぶり出すSDNアプリ、その実力とは?
DoS攻撃の防御や禁止アプリケーションの利用防止に、SDNコントローラーとの連係機能を備えたアプリを提供する動きがある。その一例を紹介する。(2015/7/6)

大規模DCの課題を解決するネットワーク最新技術【第5回】
【技術解説】ネットワーク運用管理業務を効率化・自動化する技術
ネットワークの運用管理コストは下げられるにこしたことはない。しかし、ダウンタイムやパフォーマンスの低下につながるのでは本末転倒だ。運用コスト低減とサービスレベル維持を両立させる新技術を紹介する。(2012/10/18)

ホワイトペーパーレビュー
OpenFlow/SDNの効果や関連技術が分かる3つのホワイトペーパー
OpenFlowをはじめ、ネットワーク構築の自由度を高めたり、運用を効率化する技術が相次ぎ登場している。こうした最新技術の理解に役立つ3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/9/18)

仮想化データセンター/クラウド基盤のための10GbE対応ファブリックスイッチ
クラウド時代に求められるネットワークの新しい形“イーサネットファブリック”とは?
仮想化の普及、加速するクラウドへの流れを受け、今データセンターネットワークは大きな転換の局面を迎えている。従来のネットワークではなぜ駄目なのか? また、注目されるイーサネットファブリックの定義とは?(2011/3/28)