2015年11月26日 12時00分 公開
特集/連載

“無印”ネットワークスイッチ流行の兆し? 注目8社の製品動向新旧ベンダーがしのぎを削る

ネットワークスイッチのメーカーには、台湾などのODMベンダーだけでなく、有名企業も参入し、選択肢が広がってきている。8社の製品動向に注目し、市場の勢力図を見据えてほしい。

[Ethan Banks,TechTarget]
ocx1100 Juniper Networksの「OCX1100」は同社の「Junos OS」以外のネットワークOSも動作する(画像はJuniper NetworksのWebサイトから)《クリックで拡大》

 ホワイトボックススイッチ(ネットワークOSを搭載しない、ノーブランドのネットワークスイッチ)は多くのメーカーから提供されている。

 台湾Accton Technology、台湾Delta Networks、台湾Quanta CLOUD TECHNOLOGYといったベンダーは、自社のハードウェアをそれぞれ台湾Edgecore Networks、米Agema Systems、米iwNetworksを通じて販売している。米Dellのような有名企業も“ブライトボックス”スイッチ市場に進出している。ブライトボックス(brite-box)スイッチとは、有名ブランド製ホワイトボックス(branded white-box)スイッチを指す、米調査会社Gartnerの造語だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...