2014年12月22日 15時00分 公開
特集/連載

FacebookとGoogleが導入して話題の「ベアメタルスイッチ」とは?ネットワークエンジニアは目をそらしてはいけない

サーバを皮切りに委託者のブランドで設計・製造する「ODM」製品が市場に登場し始めた。その波はネットワーク業界にも広がり、新しいタイプのスイッチが開発され注目を集めている。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 ベアメタルスイッチ(ホワイトボックススイッチと呼ばれることもある)はニッチ市場だと考えられていた。だが、米Dellが突如参入したことで、他の大手ベンダーも近くベアメタルスイッチの市場に参入する可能性がある。ベアメタルスイッチのセットアップには特別なスキルが必要だと考えているかもしれない。だが、早期導入者は恐れおののく必要はないと話している。

 平均的なネットワークエンジニアは、ベアメタルスイッチが特殊なテクノロジーだと考えているかもしれない。サードパーティー製ネットワークOSを実行するベアメタルスイッチは、ネットワーク業界に劇的な変化をもたらした一因となっている。特にクラウドサービス/Webコンテンツ/金融サービス市場のデータセンターで働くオペレーターの多くは、ベアメタルスイッチを試すことに意欲的だ。ベアメタルスイッチは、ネットワーク業界に大きな経済的な転換をもたらす可能性を秘めている。また、ネットワークエンジニアは、これまでにない柔軟性とアジリティを手に入れられるかもしれない。

ベアメタルスイッチのメリットを整理

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。