いまさら聞けない、IPアドレスだけでなく「MACアドレス」が必要な理由MACアドレスとIPアドレスの役割【前編】

インターネットでの通信にはIPアドレスだけでなく、MACアドレスが必要だ。ユーザーが通常は意識することのないMACアドレスの役割とは何だろうか。

2019年11月04日 05時00分 公開

関連キーワード

ネットワーク | IPv6


画像

 インターネットに接続するデバイスには、物理的にデバイスを特定するための識別番号である「MAC(メディアアクセス制御)アドレス」と、ネットワークで割り当てられる識別番号である「IPアドレス」の2種類がある。MACアドレスは同じLANに接続しているデバイスを識別し、IPアドレスはインターネットに接続したデバイスを識別する。インターネットでデータを送信先に到達させるには、この両方の識別番号が必要だ。

 インターネット内の宛先にデータを送るために、WebブラウザでIPアドレスを指定すると、ネットワークソフトウェアがそのIPアドレスを挿入したパケット(データをまとめた単位)を送出する。ユーザーがこうした識別番号を直接使用することはほとんどない。通常、DNS(ドメインネームシステム)がIPアドレスを、人が理解しやすい「ドメイン」に変換する。

 ルーターは、パケットを送信元のネットワークから宛先のネットワークへと送る。

MACアドレスの役割と割り当て方法

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...