2019年11月04日 05時00分 公開
特集/連載

MACアドレスとIPアドレスの役割【前編】いまさら聞けない、IPアドレスだけでなく「MACアドレス」が必要な理由

インターネットでの通信にはIPアドレスだけでなく、MACアドレスが必要だ。ユーザーが通常は意識することのないMACアドレスの役割とは何だろうか。

[John Burke, Chris Partsenidis,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク | IPv6


画像

 インターネットに接続するデバイスには、物理的にデバイスを特定するための識別番号である「MAC(メディアアクセス制御)アドレス」と、ネットワークで割り当てられる識別番号である「IPアドレス」の2種類がある。MACアドレスは同じLANに接続しているデバイスを識別し、IPアドレスはインターネットに接続したデバイスを識別する。インターネットでデータを送信先に到達させるには、この両方の識別番号が必要だ。

 インターネット内の宛先にデータを送るために、WebブラウザでIPアドレスを指定すると、ネットワークソフトウェアがそのIPアドレスを挿入したパケット(データをまとめた単位)を送出する。ユーザーがこうした識別番号を直接使用することはほとんどない。通常、DNS(ドメインネームシステム)がIPアドレスを、人が理解しやすい「ドメイン」に変換する。

 ルーターは、パケットを送信元のネットワークから宛先のネットワークへと送る。

MACアドレスの役割と割り当て方法

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で飲食業経営者の6割が「このままでは事業継続困難」と回答――ショーケース調査
首都圏を中心とした飲食業界経営者に対して2020年3月26〜30日に実施した緊急アンケート調...

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...