2019年05月27日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「メールセキュリティ」の7大基礎技術従業員向けのベストプラクティスも紹介

メールセキュリティプロトコルの導入から、フィッシング詐欺の危険に関するユーザー啓発まで、企業のメールセキュリティに関するさまざまなベストプラクティスを紹介する。

[Nick Lewis,TechTarget]
画像

 ビジネスメール詐欺(BEC)などメールを使った詐欺の被害が広がり続ける中、企業にはメールセキュリティにおける自社のベストプラクティス確立が求められている。メールセキュリティを向上させるために導入できる技術対策は数多く存在する。メールセキュリティの重要性についてエンドユーザーを啓発することも重要だ。

技術的ベストプラクティス

 企業のメールセキュリティ対策は、それぞれの側面において以下のような技術や機能が利用できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...