いまさら聞けない「メールセキュリティ」の7大基礎技術従業員向けのベストプラクティスも紹介

メールセキュリティプロトコルの導入から、フィッシング詐欺の危険に関するユーザー啓発まで、企業のメールセキュリティに関するさまざまなベストプラクティスを紹介する。

2019年05月27日 05時00分 公開
[Nick LewisTechTarget]
画像

 ビジネスメール詐欺(BEC)などメールを使った詐欺の被害が広がり続ける中、企業にはメールセキュリティにおける自社のベストプラクティス確立が求められている。メールセキュリティを向上させるために導入できる技術対策は数多く存在する。メールセキュリティの重要性についてエンドユーザーを啓発することも重要だ。

技術的ベストプラクティス

 企業のメールセキュリティ対策は、それぞれの側面において以下のような技術や機能が利用できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...